00443306
体罰の会◇掲示板
[サイトTOPに戻る] [アルバム] [注意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

昔を思い出すが 投稿者:一言いいたい 投稿日:2013/01/17(Thu) 03:05 No.356   
私の小学校、中学校時代は普通に体罰があり、ひっぱたかれたり殴られたり走らされたりしましたが、
それらに対して感謝した事などありませんでした。むしろ、体罰を与えた教師に対して憎しみを持ち
ましたし、一時は包丁を持って待ちぶせてぶっ刺してやろうかと子供ながらに思いつめた事すらあります。

特に中学時代の担当は、理不尽な理由や間違い(担当の勘違い)で体罰を与えたり、その勘違いを後で
指摘してもとぼけたりと、最低最悪な人間でした。また罰と称して猛暑で熱していたアスファルトの
校庭を無理やり走らせたり、その結果足の皮がベロベロになったりと、今考えると普通に事件になる
様な問題ある指導をしていました。

結果として、その当時は大人に対して凄く不信に陥りましたし、大人になった今でも腕力を背景に子供
に恐怖を与えて思い通りにさせよう等という事を「指導」とか「愛のある体罰」と言い放つ連中に対し
て、ろくな連中では無いと思います。

体罰で自殺した事件の様に決して取り返しのつかない事態を引き起こす可能性がある事、また仮に事故を
起こしたとしても起こした本人に責任を取りきれない事(指導した相手が自殺した等という場合は、どんな
事をしても現状回復は不可能です)、体罰を濫用して恐怖をもって子供に言うことを聞かそうという悪質
な教師が少なくない事を考えた場合、体罰は厳しくその存在を否定すべきものだと思います。

というか、それ以前に法治国家であるこの国において、体罰は指導等では無く立派な暴行罪であり傷害罪
という犯罪では無いですか。犯罪行為を教師にさせる事がこの国の「教育」なんですか?体罰という犯罪
を振り回して子供を「教育」しようなどと考えている教師に、子供が敬意を持ちなさいなんていう人間は
蔑視に値すると思います。

Re: 昔を思い出すが - SAKI 2013/01/17(Thu) 08:47 No.357
体罰ってなんなのですか?
叩かれることが全て体罰だなんて話は変です。
一言いいたいさんが書かれていることは普通に暴力ですよね。

法治国家を持ち出して持論を展開されていますが
体罰が暴行罪であるってどこに定められていますか?
学校教育法では「懲戒を教育」と定めた上で「体罰を禁止」しています。
体罰を暴力だとして禁止するのであれば、但し書きによる部分禁止にはなりません。
法律をしっかりと読んでから持論は組み立てられた方がいいと思います。
民法では親権者に与えられた権利に懲戒がありますけど、体罰を禁止事項とはしていません。

この会を擁護するつもりもないですが、曖昧な感情論で反論している人たちばかりの中で
体罰と暴力を定義している部分は評価できます。

ただし、現在の教師には体罰は認められていません。
どんな理由を持ち出しても違法行為です。
進歩のためであったとしても、教師が子供に手をあげるのは違法です。


体罰を礼賛する者の本性 投稿者:体罰を礼賛する者の本性 投稿日:2013/01/16(Wed) 20:48 No.350 ホームページ   
体罰を礼賛する者の本性

Re: 体罰を礼賛する者の本性 - 体罰礼賛者 2013/01/16(Wed) 21:54 No.353
ブログ読ませてもらいました。
感情論はよくわかったのですが、
その感情論に至った根拠がわかりません。
ご自分でも根拠の無い話は嫌いだと言われていますよね。
体罰と暴力には違いが無いのですか?
その根拠が知りたいです。

暴力は絶対にだめだと思いますけど
法治国家だと言われているので敢えて聞きたいのですが
民法や学校教育法で懲戒行為に含まれると定められている体罰を
暴力だと決めつけるのでしたら、その根拠って何なのでしょう?

体罰は教育には必要なものだと思います。
体罰と暴力が理解できていない人が
体罰だと言って暴力をふるっているのが間違っているのではないですかね?


Re: 体罰を礼賛する者の本性 - spanko 2013/01/17(Thu) 00:51 No.354
ボクは高校時代、マルクス思想(共産主義)を学びました。
社会科の先生が共産党だったからです。
正規の教科書とは別に、赤い表紙の副教材を机の上に置き、それを中心に、授業を進めました。
さて、マルクス思想によると、警察は「暴力装置」なんだそうです。
もちろん、警察も教師も、百パーセント信用できるわけではありませんが、とはいえそこまで言ってしまうのはどうかなとボクは思いました。

「体罰と暴力に区別はない」なんていう主張は、まさしく左翼の考え方です。
彼らはなぜそんなことを言うのか、その裏側についても、先生は教えてくれました。
体罰も暴力も、警察もテロリストも、ミソもクソも一緒くたにすることで、社会を混乱させ、革命を狙っているのです。
まあ革命が起こって幸せになれるのなら、それはそれで良いんでしょうけど、実際はそうならないですね。
そこには北朝鮮のような、恐怖政治が待っているのです。


体罰に反対する者の本性 - spanko 2013/01/17(Thu) 02:57 No.355
まず「暴力装置」と言ってみせることで、警察もテロリストも同列に扱い、相対化する。
さらに警察を悪く言い、どちらかというとテロリストに味方するような心情を広める。
そうやって成し遂げるのが暴力革命である。
さらに暴力革命を成し遂げた後も、マルクス理論には抜かりはない。
時計の振り子が左に振れれば、その反動で右に振れるように、揺り戻しが起こってくる。
それを防ぐために「反動分子狩り」を行い処刑する。

ざっとこんなものです。
確かに暴力教師や虐待親は、愛のムチだとか躾だとか、言い訳するでしょうが、それは裁判所が適切に判断すれば良いだけの話、だからといって「愛のムチなど存在しない」「体罰と暴力に区別はない」なんて言ってしまうと、それはまたそれで、非常に危険な事になります。
「体罰と暴力を一緒くたにしたくてたまらない」それが「体罰に反対する者」の本性なのです。


子供は愛を感じない 投稿者:こたろう 投稿日:2013/01/16(Wed) 13:54 No.346   
愛のある体罰ってなんでしょうか?20発も殴ることは愛があることなんですか?
体罰が全て悪いというわけではないと思います。
ですが、ものには限度というものがあります。
体罰が全て悪いわけではないと同時に、体罰が全て良いわけでもないのです。
愛のある体罰というのは、
「これこれをしたから俺は今からお前を殴る」(叩く理由を話す)
と言って思いの丈を一発に込めて叩き、(ムチ)
「これで俺はお前を許す。だから、お前もなにか悩んだりしたときはなんでも相談しに来い。先生と二人で解決しよう」(アメ)
というものだと私は思います。
ムチばっかり振ってアメを与えない教師はただの暴力教師です。
ただ単に暴力が正当化される体罰なんて許されないです。

昔私が小学校時代、クラスのあるグループからいじめを受けていました。
そのいじめの中に教科書を盗れれるということがありました。
弱い心の私は親や先生にはいじめられてるということは言えませんでした。
教科書が盗られてるとは口が裂けても言えず、
毎日「すいません、教科書と音読の宿題も忘れました」
と言ってました。
1週間ほど過ぎて、忘れ物をする生徒を立たせて、怒り、一番忘れ物をする自分が代表で叩かれました。
親にはいじめも言えないのに、先生に叩かれたなんてもっと言えませんそれから毎週土曜日にはビンタをされていました。
その先生は他の生徒から慕われている先生でありましたが、私は反吐が出るほど嫌いでした。
そして、その先生は4月に他の学校へ行くということで、クラス全員で寄せ書きを書くことがありましたが、私は「さようなら」の一言しか書かず、他の生徒が大好きですとか書いてあるのを見て、怒りのあまり嘔吐しました。

そんな教師が私は絶対に許しませんし、その先生から愛を感じたことは一度もなかったです。
毎日教科書も音読の宿題も出来ない生徒をなんで気に留めることなく殴るのですか?

体罰は良いといってそんなことが正当化されていいんですか?

Re: 子供は愛を感じない - とおりすがり 2013/01/16(Wed) 21:37 No.352
こたろうさんが受けたのは暴力だと思います。
体罰と暴力は違うから論じるのであれば定義された方がいいと思います。

今度の事件も教師が区別できなかった例だと思います。
ただ、学校教育法で体罰は禁止されているのだから
それを守っていないんだから、教師に庇えるような点は無いです。


体罰世代ですが 投稿者:ととろ 投稿日:2013/01/16(Wed) 17:58 No.348   
 この会の趣旨には賛同します。
 問題は「体罰を行うにふさわしい教師ではない」教師が体罰を生徒に加えていること。これに尽きると思います。
 悲しいかな最近の若い教師の親の世代では既に「モンスターペアレント」と呼ばれる人種が出現してきて、そういった親に育てられた「勘違い教師」、つまり大学を出て社会人としての下積みもなく「先生」と呼ばれることにより「人間的に偉い」と勘違いしている人間が少なからずいる、という事の方が問題かと考えます。
 私たちの世代では学校で先生にスリッパで殴られた、と親に訴えても、「お前が悪い事をしたんだろう」と相手にして貰えないほど先生と子供の親の信頼が成り立っていたと思います。
 私も子供を持つようになり、学校行事にも参加する機会がありますが、若い教師の発言や態度を見ていると、信頼関係を築くことの難しさを感じてなりません。
 少なくとも「叱る」と「怒る」の違いをわかっていない教師は体罰を加えてはいけないと思います。

はじめまして 投稿者:ゆう 投稿日:2013/01/14(Mon) 14:09 No.332   
大阪の一件であれこれ調べてるうちにここを見つけました
風当たりが強くなるかもしれませんが頑張ってもらいたいです
指導者はガキに「何をしても痛い目を見ることはない」と気付かれて舐められるようになったらおしまいです
優秀な指導者が軽々に死を選ぶような精神病のガキに潰されるようなことがあってはなりません
応援していますのでこれからも活動頑張ってください

Re: はじめまして - ななし 2013/01/14(Mon) 15:08 No.333
「何をしても痛い目を見ることはない」
これってまんま体罰教師の考えてることじゃん
自分は生徒より目上の人間だからどんなに厳しくしても反抗できないからやりたい放題体罰するんだろ。

暴力でしか支配できない統率力のない無能教師は舐められて当然。


Re: はじめまして - とおりすがり 2013/01/14(Mon) 15:58 No.334
あなたの言う優秀な指導者とやらは
「気持ちが不安定」だと抜かして逃げてますよ
これは一体何のギャグですか
あのバスケ部の顧問にこそビンタが必要なんじゃないですか?


Re: はじめまして - ななし 2013/01/14(Mon) 16:59 No.336
体罰だから罰を与えるんでしょ?
自殺した生徒が何の悪いことをした?
体罰と暴力の区別が付かないなんて指導者失格だ!


Re: はじめまして - 知識人でもなんでもない男 2013/01/15(Tue) 13:38 No.343
もう我慢できない。すげえムカツく。力でしか子供をねじ伏せられねえ馬鹿が優秀かよ?死んだ子供の気持ち考えた事あんのか!確かに体罰はまったく不必要ってわけじゃないかもしれねえよ?今どきの子は口で言っても分かんねえ子もいるからな。だけどそれを子供たち全員に使ったんじゃ ただのエゴイズムだ。本来の体罰の意味とは違っている。十人十色って言葉知ってるか 人間は人それぞれ個性ってもんがある 皆が皆強い人間とは限らねえんだよ 体罰か暴力かなんて加害者が決めることじゃない 被害者が決めることだ!決める権利があるんだ!優秀な教育者は子供にあわせた教育ができるんだ そんな子供に対する熱意や愛情のある奴が子供を追い込んだりはずがない!





Re: はじめまして - U 2013/01/15(Tue) 18:08 No.344
上のやつは、知識人以前にとても大人が書いてる文章にはみえないな。

今回の件は、体罰かどうか以前に、親の前で無駄に生徒に恥をかかせたり、教師が自己正当化のために生徒を精神的に追い詰める(過剰な暴力も含む)のが問題であって、俗にいう体罰だけがクローズアップされたら、まったく解決しないだろう。この学校で同じことが繰り返されるだけだ。
この件を安易に体罰の有無の視点だけで語る輩は、この教師とある意味同じ次元の生き物だ。
精神的に追い詰められて自殺する生徒の気持ちなんぞわからないだろう。


Re: はじめまして - 知識人でもなんでもない男 2013/01/16(Wed) 15:31 No.347
U氏。別に体罰の有無の視点だけで語ってはいませんよ。
確かに、体罰を中心的に取り上げた文章ですが、それだけではありません。この件を安易に体罰の有無の視点だけで語る輩は、この教師とある意味同じ次元の生き物だなんて事わかっています。ちゃんと文面を読んでください。それと、
精神的に自殺する生徒の気持ちなんか僕はたくさん味わってますよ。自慢するわけじゃありませんが、僕は苦しみ過ぎて17ぐらいのとき精神安定剤を飲まないと生活できないくらいでしたから。こんなところでdisりあっても仕方なくないですか?くだらなくないですか?やめましょう。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -