00438099
体罰の会◇掲示板
[サイトTOPに戻る] [アルバム] [注意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

無題 投稿者:ひいろ 投稿日:2013/01/17(Thu) 12:25 No.360   

信頼のある先生だろうとなかろうと、暴力は体罰に変わらないし
愛のムチとか言ってるけど、振るう方にとってみては愛のムチかもしれないけど、
叩かれた方にとってはただの痛いムチなんだよね(苦笑)

体罰の定義 投稿者:ごん 投稿日:2013/01/17(Thu) 11:03 No.359   
体罰は、明らかに悪意があって人を傷つけ、かつその後、様々な体罰以外の方法を試みても反省が見られない時に、その子を矯正する目的として使用されるのであれば、ありかと思ってます。

今回のバスケ部の事件は、明らかに暴力ですね。
この部員の子は、何も悪いことをしてない。
仮に彼が故意に練習の手を抜いたとしても、それで殴るなんてことはおかしい。
こういう暴力を行う目的は、簡単に言うことをきかせられるから、でしょうね。無能な教師がやることです。

暴力を使用せずに、それ以外の方法で伸ばすことの方が、はるかに難しく、そして最終的には効果も高いように思います。


体罰を行うと傷害罪の罪に問われ... 投稿者:ゆた 投稿日:2013/01/17(Thu) 09:13 No.358   
なんで?

昔を思い出すが 投稿者:一言いいたい 投稿日:2013/01/17(Thu) 03:05 No.356   
私の小学校、中学校時代は普通に体罰があり、ひっぱたかれたり殴られたり走らされたりしましたが、
それらに対して感謝した事などありませんでした。むしろ、体罰を与えた教師に対して憎しみを持ち
ましたし、一時は包丁を持って待ちぶせてぶっ刺してやろうかと子供ながらに思いつめた事すらあります。

特に中学時代の担当は、理不尽な理由や間違い(担当の勘違い)で体罰を与えたり、その勘違いを後で
指摘してもとぼけたりと、最低最悪な人間でした。また罰と称して猛暑で熱していたアスファルトの
校庭を無理やり走らせたり、その結果足の皮がベロベロになったりと、今考えると普通に事件になる
様な問題ある指導をしていました。

結果として、その当時は大人に対して凄く不信に陥りましたし、大人になった今でも腕力を背景に子供
に恐怖を与えて思い通りにさせよう等という事を「指導」とか「愛のある体罰」と言い放つ連中に対し
て、ろくな連中では無いと思います。

体罰で自殺した事件の様に決して取り返しのつかない事態を引き起こす可能性がある事、また仮に事故を
起こしたとしても起こした本人に責任を取りきれない事(指導した相手が自殺した等という場合は、どんな
事をしても現状回復は不可能です)、体罰を濫用して恐怖をもって子供に言うことを聞かそうという悪質
な教師が少なくない事を考えた場合、体罰は厳しくその存在を否定すべきものだと思います。

というか、それ以前に法治国家であるこの国において、体罰は指導等では無く立派な暴行罪であり傷害罪
という犯罪では無いですか。犯罪行為を教師にさせる事がこの国の「教育」なんですか?体罰という犯罪
を振り回して子供を「教育」しようなどと考えている教師に、子供が敬意を持ちなさいなんていう人間は
蔑視に値すると思います。

Re: 昔を思い出すが - SAKI 2013/01/17(Thu) 08:47 No.357
体罰ってなんなのですか?
叩かれることが全て体罰だなんて話は変です。
一言いいたいさんが書かれていることは普通に暴力ですよね。

法治国家を持ち出して持論を展開されていますが
体罰が暴行罪であるってどこに定められていますか?
学校教育法では「懲戒を教育」と定めた上で「体罰を禁止」しています。
体罰を暴力だとして禁止するのであれば、但し書きによる部分禁止にはなりません。
法律をしっかりと読んでから持論は組み立てられた方がいいと思います。
民法では親権者に与えられた権利に懲戒がありますけど、体罰を禁止事項とはしていません。

この会を擁護するつもりもないですが、曖昧な感情論で反論している人たちばかりの中で
体罰と暴力を定義している部分は評価できます。

ただし、現在の教師には体罰は認められていません。
どんな理由を持ち出しても違法行為です。
進歩のためであったとしても、教師が子供に手をあげるのは違法です。


体罰を礼賛する者の本性 投稿者:体罰を礼賛する者の本性 投稿日:2013/01/16(Wed) 20:48 No.350 ホームページ   
体罰を礼賛する者の本性

Re: 体罰を礼賛する者の本性 - 体罰礼賛者 2013/01/16(Wed) 21:54 No.353
ブログ読ませてもらいました。
感情論はよくわかったのですが、
その感情論に至った根拠がわかりません。
ご自分でも根拠の無い話は嫌いだと言われていますよね。
体罰と暴力には違いが無いのですか?
その根拠が知りたいです。

暴力は絶対にだめだと思いますけど
法治国家だと言われているので敢えて聞きたいのですが
民法や学校教育法で懲戒行為に含まれると定められている体罰を
暴力だと決めつけるのでしたら、その根拠って何なのでしょう?

体罰は教育には必要なものだと思います。
体罰と暴力が理解できていない人が
体罰だと言って暴力をふるっているのが間違っているのではないですかね?


Re: 体罰を礼賛する者の本性 - spanko 2013/01/17(Thu) 00:51 No.354
ボクは高校時代、マルクス思想(共産主義)を学びました。
社会科の先生が共産党だったからです。
正規の教科書とは別に、赤い表紙の副教材を机の上に置き、それを中心に、授業を進めました。
さて、マルクス思想によると、警察は「暴力装置」なんだそうです。
もちろん、警察も教師も、百パーセント信用できるわけではありませんが、とはいえそこまで言ってしまうのはどうかなとボクは思いました。

「体罰と暴力に区別はない」なんていう主張は、まさしく左翼の考え方です。
彼らはなぜそんなことを言うのか、その裏側についても、先生は教えてくれました。
体罰も暴力も、警察もテロリストも、ミソもクソも一緒くたにすることで、社会を混乱させ、革命を狙っているのです。
まあ革命が起こって幸せになれるのなら、それはそれで良いんでしょうけど、実際はそうならないですね。
そこには北朝鮮のような、恐怖政治が待っているのです。


体罰に反対する者の本性 - spanko 2013/01/17(Thu) 02:57 No.355
まず「暴力装置」と言ってみせることで、警察もテロリストも同列に扱い、相対化する。
さらに警察を悪く言い、どちらかというとテロリストに味方するような心情を広める。
そうやって成し遂げるのが暴力革命である。
さらに暴力革命を成し遂げた後も、マルクス理論には抜かりはない。
時計の振り子が左に振れれば、その反動で右に振れるように、揺り戻しが起こってくる。
それを防ぐために「反動分子狩り」を行い処刑する。

ざっとこんなものです。
確かに暴力教師や虐待親は、愛のムチだとか躾だとか、言い訳するでしょうが、それは裁判所が適切に判断すれば良いだけの話、だからといって「愛のムチなど存在しない」「体罰と暴力に区別はない」なんて言ってしまうと、それはまたそれで、非常に危険な事になります。
「体罰と暴力を一緒くたにしたくてたまらない」それが「体罰に反対する者」の本性なのです。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -