00440183
体罰の会◇掲示板
[サイトTOPに戻る] [アルバム] [注意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

無題 投稿者:3児の父 投稿日:2012/07/19(Thu) 19:58 No.274 ホームページ   
お返事ありがとうございます

通りすがりさん御自身は、どんな時に「相手の進歩のために必要だ」と感じますか?
実際に「相手の進歩の為になった体罰」の事例をご存知でしたら教えてください

また、以下のような場合通りすがりさんは体罰しますか。するとしたらどんな体罰をしますか
例)1歳の子供が玩具を投げ、それが自分の目に当たった

Re: 無題 - 3児の父 2012/07/19(Thu) 20:42 No.275 ホームページ
あれ・・・?
すみません、間違えて新しいスレッド?立ててしまいました・・・


Re: 無題 - 通りすがり 2012/07/20(Fri) 05:24 No.276
相手の進歩を考えることは、人それぞれで主観がちがうでしょう?
命に関わることであったり、社会的な害悪行為であったり
親として子供に体罰を与えてでも教えておきたいと感じればしたらいいと思います。
そういう場面に遭遇して体罰を躊躇するようなら、体罰をする資格は無いんじゃないでしょうか?
親に認められた懲戒権(民法822条)が行使できない親ならば体罰を論じる以前に親としての心構えから論じるべきでしょう。
私の体罰経験を話しても3児の父さんの参考になるはずがないでしょ?
そこには相手に愛する気持ちや愛情があるからです。
それは、個々によって絶対に同じにはなりません。
ある人は体罰を必要と感じても、隣の人が同じように必要と感じるかどうかはわかりません。
子の親としての責任をどう捉えるかによっても変ります。
我が国の子育ては親の自由裁量に任されているのですから、
どの選択が正しいという指標は個人の主観で変ってしまいます。
そうした自由裁量には、体罰を使わないという選択だってあって間違いでは無いと思うのです。

子供が遊んでいて自分の投げたおもちゃが自分の目に当たった場合に体罰をするか?
私はしないです。
これは子供が既に体験から痛みや危険を学んでるじゃないですか?
親としてさらに痛みや恐怖を与える必要があるとは思えない。
逆に体罰を使ったら、その子は、そのおもちゃで遊ばなくなってしまうと考えます。
そのおもちゃで遊ばせたくないという強い思いがあるのならば
体罰も必要だと思いますけどね。
時には子供にとって危険な行為でも、経験として学ばせておきたいことだってたくさんあります。
最悪のケースに至らないように注意をしながら
それでも敢えて見守って経験させてやることも親の責任だと思っています。

転んで足を擦り剥いて痛がっていても、
自分で起き上がってくるまで手は貸さないっていうやり方などは
親にとっては不作為による体罰っていうのかもしれませんよね。

自己都合による突発的な有形力の行使とは違って
相手に対する愛情から行われる有形力の行使は明らかに違います。
こうした違いを理解できないのなら
体罰はしない方がいいのではないですか?


Re: 無題 - 3児の父 2012/07/20(Fri) 22:15 No.277 ホームページ
う〜ん、すみませんが、答えをはぐらかされているように感じます。通りすがりさん自身の主観・考えをお尋ねしているのですから、「何が進歩かは主観で異なるから」というのは御自分の主観を答えない理由にはならないのでは?
「私の体罰体験談は貴方の参考になる筈がない」とまで仰る根拠も良く分かりません。もしかしたら過去に自分が行った体罰を今更他人に「それは必要の無い体罰ですね」などと言われたくないだけなのかも知れませんが・・・

「そのおもちゃで遊ばせたくない〜体罰も必要」という御見解には矛盾を感じました。何故なら本当に親にそのおもちゃで遊ばせたくないという強い思いがある親なら、最初からそのおもちゃを与えないからです。投げられて初めて危険だと感じたのなら、親自身の先見性の無さが原因なのだから、子供に体罰するのはおかしいですよね?参照URLにある「体罰必要論は無能教育者の責任転嫁」の典型例ではないでしょうか。

結局のところ通りすがりさんは「親が親の裁量で決めれば良い」という御立場のようですが、多くの人がそんな姿勢だから、体罰を巡る問題が解決しないのでは?


Re: 無題 - 通りすがり 2012/07/21(Sat) 05:01 No.278
ここまで真摯に説明したことに対して
ご自分が理解できないからと言って中傷ですか?
私は貴方の質問をはぐらかしてはいません。
理解できないからといって開き直りはないでしょう?
貴方の仰ってることの方が矛盾だらけです。
少しは演繹を振り返ってご自分の意見を確立させて下さい。
議論にもなりません。

私の中では体罰に関する問題は全てクリアされています。
私の過去の体罰が「必要無い?」なんて失礼な人ですね。
体罰も満足にできない貴方に批判される筋合いは無いです。
URL先のまったく日本語の理解できていない理論が好きならば、
崇拝してればいいことです。

貴方の出したわけのわからない質問に答えさせておいて、
答えた内容にイチャモンつけるなんて、まるで荒しですね。
私を「無能教育者の責任転嫁」と批判する前に
理論破綻している自分のような馬鹿親が子供を育てていることの危険性に気付くべきでしょう。

どうぞお好きにしてください。
貴方のような方が体罰も暴力も混同して子供が被害をうけるんです。
体罰の意味どころか、日本語が判ってない貴方にこれ以上話すことはありません。


Re: 無題 - spanko 2012/07/21(Sat) 05:20 No.279
3児の父さんが宣伝されているホームページ、全部読んだわけではありませんが、少し読んでみて「こりゃダメだ」と思いましたね。

それは、体罰とは直接関係ありませんが、死刑に関する次のような記述です。

>「廃止した州は治安がいいから廃止した。廃止したから殺人が少なくなったのではない」

に対する反論として

>「治安がいいから」という理由で廃止する州や国はこの世に存在しない。
>廃止州の方が元々民度が高い(理知的で寛容で先見性に富む者が多い)からこそ、
>廃止もできて且つ治安もいいのである

ここでは、民度、理知的、寛容、先見性なんて言葉を、いきなり羅列し始めただけで、全然反論になってませんね。
「廃止したから殺人が少なくなったのではない」というのは、全く覆されていません。

全然説得力がないよね、死刑に賛成するにせよ、反対するにせよ、もう少し、ましな論理を展開しないと、これでは相手にされませんね。


Re: 無題 - 3児の父 2012/07/21(Sat) 14:54 No.280 ホームページ
ふむ、やはりちょっと矛盾を指摘されただけでキレましたね・・。
当初の疑問が確信に変わりました。やはり体罰は「いつ如何なる場合も不要」である、と。
これを読んだ一人でも多くの人が、気付いてくださることを祈ります。
有難うございました。


Re: 無題 - 拓心 2012/07/21(Sat) 15:36 No.281
3児の父さんは卑怯ですね。
私は通りすがりさんの書かれている事の方が正論だとハッキリわかりましたよ。
屁理屈や難癖を書き連ねて、結局「体罰反対」が言いたかっただけじゃないですか!
これだけの失礼な事をしておいて自分が正しいかのような書きぶりは日本人とは思えません。
日本語が理解できない方に日本での躾を語る資格無しですね。
恥をしりなさい!
通りすがりさん、私は体罰を必要な時に使うという教育を改めて支持します。
わかりやすい説明を有り難う御座いました。


Re: 無題 - 関東の勇 2012/07/21(Sat) 16:59 No.282
通りすがりさんの説明は尤もだと思います。
それに比べ、自分の主張を通したいだけの3児の父さんの返信は失礼ですね。
このような常識に欠ける親に育てられる子供さんが可愛そうです。
論破されてキレたのは3児の父さんの方です。
私も通りすがりさんの意見を読んで体罰をきちんと理解して躾に使えるよう勉強しようと思いました。


体罰が必要な時とは 投稿者:3児の父 投稿日:2012/07/17(Tue) 14:57 No.270 ホームページ   
私は最近まで体罰を容認していました。あって然るべきだと。
しかし、とあるサイトを読んでから疑念を抱くようになりました(URLを貼っておきます)

読んだ上でなお体罰を肯定する方にお聞きしたいのは、「どんな状況下で、どんな体罰が必要か」ということです。
私は最近、それが分からなくなっています。

Re: 体罰が必要な時とは - 通りすがり 2012/07/18(Wed) 20:44 No.271
URLのサイトを見ましたけど、
体罰と暴力が全く理解されていない方が最もらしいことを羅列しているだけですよね。
体罰が目的行為であって、「相手の進歩のための有形力行使」ってことがわかってないから
体罰が躾になってみたり暴力になってみたりしていますね。

また、学校教育法に触れていますけど、法律の読み方がわからない人のようです。
同第11条を読めば、懲戒行為は教育であることが明文化されています。
その懲戒行為の中で「体罰を禁止する」という除外規定になっているのです。
法律は正しく読まなければいけません。

3児の父さん、きっとあなたも体罰を容認していたと書かれていますが
体罰を定義できていなかったのじゃありませんか?
体罰は程度を示す行為じゃありません。
「いきすぎた体罰」なんて言葉が使われることがありますが
これは正しい日本語じゃないです。
体罰はどこまでいっても体罰でしかないのです。
「アリが成長したらハチになった」と言ってるようなものです。

暴力は自己都合によって行われる有形力の行使ですから
その目的が全く違います。
子供に虐待を行った親が「躾だった」って言い訳するために
体罰を暴力と混同する人が多いのでしょうが
目的行為ですから、少し調べれば「躾」なのか「暴力」なのかはわかることです。
定義がわかってないから判別もできないのでしょう。

相手にとって進歩して欲しいと願い
言って聞かせるのではなく、痛みで教えたいと思えば体罰をすればいいのです。

こうした話が理解できないようならば、体罰をしないほうが無難かもしれません。

私は体罰肯定派ってわけじゃないですよ。
ただ、どんな理論もまずは定義を理解することが先決だと思っているだけです。
体罰だけで子育てなんて出来るはず無いですしね。
体罰の会って、学校教育法の改正を目指してるようですけど、
今の教師に体罰なんてさせたら、死人続出ですよ。
体罰を暴力と混同してる先生ばっかでしょうからね。
体罰を理解し、それを生徒に履行できる教師を作る方が先決でしょうね。


Re: 体罰が必要な時とは - 3児の父 2012/07/18(Wed) 22:34 No.272 ホームページ
通りすがりさん、お返事ありがとうございます
確かに私は体罰の言葉の定義が定まっていないのかも知れません。
結局通りすがりさんは「どんな状況下で、どんな体罰が必要」とお考えですか?(ここでいう体罰は、勿論、貴方の定義で)
具体例で示してくださると有りがたいです


Re: 体罰が必要な時とは - 通りすがり 2012/07/18(Wed) 23:14 No.273
具体例も何も、先に書いたとおりですよ。

相手の進歩のために必要だと感じたときに体罰はすればいいのだと思います。
殴ることも必要かもしれませんし、
場合によっては竹刀で打ち据えることが必要な時もあるかもしれません。

気をつけなければいけないのは、
体罰が目的行為であることであるってことです。
体罰によって怪我をしたりして目的が達成できないような状況になったら本末転倒ですよね。
目的が達成できなくなるような有形力の行使は「暴力」に該当すると私は考えます。
腹いせに殴るとか、感情が高ぶって叩くというのでは
相手の進歩を目的とした有形力の行使にならなくなってしまいます。
自己満足のための有形力の行使は「暴力」ですから、
そうならないように加減もしなければなりませんし、
相手を思いやる優しさも求められるでしょう。
相手が我が子であったとしても、後輩であったとしても
体罰は理性でコントロールすべきものだと思います。

そして、効果的に使うことでしょうね。
体罰は相手に与える心理ダメージも大きいから
いつも使っていては効果が薄くなってしまいます。
体罰だけで「躾」はできないと言ったのはこういう理由です。


授業での正座 投稿者:hina 投稿日:2012/06/24(Sun) 19:49 No.266   
初めまして。意見を聞きたいと思い書かせていただきます。

私の学校での授業で、
問題を間違えたら次の問題で正解するまで
椅子の上に正座をするというやり方をやっている教科があります。
正座をするのは嫌な場合、しなくても良いが
成績は下がるというふうにもなっています。
(先生は正座を使ったやり方のことをゲームといっています)

私はいけないことをして、正座させられるのはまだ納得しますけど
授業中に悪いこともしてないのにゲーム感覚で正座を
するようにいうのはどうなのかなと疑問に思います。
クラスの雰囲気では良いものでしたが、私としては苦痛でなりませんでした。
私自身の問題もあるとは思います。
ですが悪い事もしてない人たちが正座させられている状況は本当に辛かったです。

私はその授業の時間、体調を崩すようになりました。
そして、精神的にもとても辛い思いをしました。
そのため、その授業に出られなくなりました。
また、私は他の事でストレスがかかるものもあったもののうつ病になりました。

うつ病の事を知らないと思いますが、その授業の先生は私が
授業のやり方が苦手で精神的なもので体調を崩してしまい授業に出れない事を
最終的には知りました。

そして今年度は違う先生がその授業の担当となったのですが
他の学年でまだそのやり方はやっているそうです。
私はこの事を聞いて苦しく思いました。そして、胸を痛めました。
もしかしたら、私みたいに苦しんでいる人がいるかもしれないとも思いました。

このことを、どのように思いますか?

正座ぐらいと思う方もたくさんいらっしゃると思います。
ですが、精神的ダメージなど一人ひとりによって違います。
体罰というのは言い過ぎかもしれませんが私はこのやり方はおかしいと思います。

みなさんのいけんをお聞かせください。

Re: 授業での正座 - spanko 2012/06/25(Mon) 02:42 No.267
これと似たような話を聞いた事があります。
ある会社では、受注できなかったセールスマンは、朝礼の時に、机の上に正座させられるのだそうです。
会社としては死活問題とはいえ、そういうやり方は嫌ですよね。
訴訟を起こすという手もありますが、手っ取り早い話、そんな会社は辞めればよいのです。

で、学校の場合は、カネを払う立場にあるわけですから、授業のやり方(サービス)が自分に合わないのであれば、親を通して、教師を交換しろという主張もできるのでは?

その先生には、事情は伝わっているんですよね(だから違う先生がその授業の担当となったのですよね)伝わっているなら、同じやり方を続けるにしても、少しは注意深くなるんじゃないかな、いずれにせよ、他人の事を心配して心を痛めるよりも、御自分の回復を考えてはどうですか?

究極的には、常日頃から"生徒が教師を選択できる制度"になれば良いんですけど、それを言い出すと、日教組が反発するかな?
(このへんは、維新の会、橋本市長に頑張ってもらうしかないでしょう)


初めまして 投稿者:角田裕育 投稿日:2011/07/07(Thu) 23:58 No.163 ホームページ   
 「体罰は良くない」という認識が現場に浸透したと思ったら貴会のような団体が現れ恐縮致します。
 体罰がもたらした教育的利益など有害なものでしかなかったこことを訴えたつもりですが、それでも戸塚氏を顧問に迎えるような貴会が存続することは遺憾の極みです。
 私は言います。体罰という抑圧的暴力の行使を容認するならそれに反撃する暴力も肯定せよ、と。でなければ、体罰容認教育など”虚育”に過ぎないと断言してやります。
 大人になっても、子供の頃の体罰経験がトラウマとなっている人がどれだけ多いかご存知か。少子化やモンスターペアレントの一因はそうしたトラウマが原因なのをお分かりか?
 「左翼の馬鹿」と言うなら言うがいい。体罰は公教育という名の権力機関の「白色テロル」だ。ならば「赤色テロル」で対抗するのが道理であると皆さんに通告します。


Re: 初めまして - 通りすがり 2011/07/12(Tue) 18:40 No.164
角田君、体罰を批判する前に日本語を理解した方がいいんじゃない?
恥を知りなさい。
持論に酔うのもいいが、体罰と暴力の違いもわからないのに教育論を語るなよ。
滑稽でしか無い。
貴様のような輩がいるから日本が駄目になるんだ!


勝利するまでやる - 角田裕育 2011/07/13(Wed) 04:27 No.165 ホームページ
>貴様のような輩がいるから日本が駄目になるんだ!

 そりゃ、あんた方のような教育者に教育を受けたのだから、駄目な人間が出来るでしょうよ。
 体罰は法的にも暴力であり、犯罪行為である。しかし、それを肯定することによって皆さんは、教育現場を「治外法権」にしたのだ。
 私は断固闘う。

「敵が攻めてくれば、われわれは殲滅してやる。そうすれば敵は納得する。すこし殲滅してやれば、すこし納得する。たくさん殲滅してやれば、たくさん納得する。徹底的に殲滅してやれば、徹底的に納得する。(中略)相手が攻めてくるなら、われわれも戦うが、戦うのは平和をかちとるためである」(毛沢東)



Re: 勝利するまでやる - 通りすがり 2011/07/14(Thu) 03:59 No.166
角田君、貴様は「糞も味噌も一緒にしてる」大馬鹿者だな。
だから日本語を勉強しろって言ってるんだよ!
医者が手術してるのを見て「殺人だ」って騒ぐんだよな?
目的行為を理解しなければ、この世の中に正当行為が無くなってしまうだろうがっ!
体罰は懲戒行為として法律も認めている行為だよ。
日本語が理解できない貴様にはわからんだろうがな。
毛沢東のくだらん言葉をどこぞやから引用してる暇があるなら自国の法律を読め。
一人で闘うなら勝手にやれば?
貴様に勝ち目は無いから(嘲笑)


Re: 初めまして - 角田裕育 2011/07/16(Sat) 23:18 No.167 ホームページ
>医者が手術してるのを見て「殺人だ」って騒ぐんだよな

 刑法上、手術とか格闘技試合等は区別されます。体罰は暴行罪に該当する。あんたこそ法律の勉強したら如何か。

>一人で闘うなら勝手にやれば?
>貴様に勝ち目は無いから(嘲笑)

 これは、通りすがり氏個人の見解なのか?「体罰の会」の見解ならば、私は自らの信条に基づき攻撃を行う。
 先ずは戸塚宏氏である。正義の鉄槌を下す。 



付記 - 角田裕育 2011/07/17(Sun) 04:35 No.168 ホームページ
 私の親も皆さんと同じく「体罰と虐待は違う」という持論の持ち主でね、
私が、教師の体罰で負傷しても「あんたが悪い」と来たもんだ。その結果、
どうなったか? 私は体罰を与えた担任教諭を十数年経過してから
「報復措置」としてぶっとばしたよ。文句も言えず泣いてたな。
 ライターとしての立場を利用して戸塚氏を批判した記事もある。
 しかし、ペンを使うだけでは諸君を納得させるのは不可能なようだね。


Re: 初めまして - 通りすがり 2011/07/17(Sun) 07:50 No.169
角田君、刑法で区別されているなどとアホな見解を堂々と書いてる時点で狂人だな。
小学生程度の思考回路の貴様に何を言っても理解できないことがわかったよ。
体罰が暴行罪?
そんな判例があるなら出してみたら?
民法では親に認められた懲戒権に含まれる行為が刑法に抵触する行為なはずないだろ。
目的行為に対する反論ができないからといってはぐらかすなよ低脳児。
もう少しましな反論せいよっ!!

貴様の言う正義など戯れ言でしか無い。
どんな鉄槌なのか、見物だな。
その鉄槌が豆腐で無いことを祈るよ(嘲笑)

これはあくまでも私個人の見解であって
体罰の会がどのような見解を持っているのかはわからんよ。
少なくとも角田君のような狂人を肯定するとは思えないがな。


ご無沙汰してます - 角田裕育 2012/05/30(Wed) 02:20 No.262 ホームページ
 体罰を糾弾する取材を神戸市教育委員会に行なっていたら、どういう訳かこちらが逮捕されました。全国の教育委員会を取材して参りましたが、意外にも教育委員会には皆さんの「同志」が多いです。
 そうした教育委員会の闇を暴く取材を恐れたのか、逮捕されてしまった。ちなみに、体罰肯定論者が多い警察組織だが、担当若い女性刑事が体罰否定派でこちらの意を汲んでくれたのは幸いだったけどね。そうでなければ、兵庫県警と泥沼の争いを繰り広げたでしょう。
 しかし、こんなことで私は屈しない。皆さんとは戦い続けます。


俺には体罰を行う権利がある。 投稿者:良識派 投稿日:2012/03/15(Thu) 19:16 No.235   
子供が子供がと言うのに、なぜ子供の貧困を放っているのでしょうか。なぜ虐待を救わないのでしょうか。なぜ保険料滞納者の子供を健保から締め出すのでしょうか。なぜ核汚染された学校で被曝させるのでしょうか。

「子供には体罰を受ける権利があります」

嘘をつくのは辞めなさい。貴方が言いたいのは「俺には体罰を行う権利がある。俺の価値観に沿わない人間には価値観が代わるまで体罰で締め上げてやる」でしょう。そういうのを、我侭と言うのです。嘘つきは泥棒の始まりです。けっきょく自分の権利を欲しがっているだけなのに、それを子供のためと強弁するのだから図々しい。恥を知りなさい。

恥を知れエセ良識派 - 尾形 拓心 2012/03/17(Sat) 19:31 No.236
問題を混同するのも大概にしなさい。
よくも良識派などと恥ずかしげも無く名乗れたものだよな。
弱体化した人間ほど自虐的だと言われるが典型的な御仁だな。
貴様こそ恥を知れよ。
人間の屑が血迷った意見を宣ってるんじゃない!
名乗ることも出来ない小心者が憂さ晴らししてんじゃないよ。
出てこいよ、、張り倒してやるからさ。

体罰の会なんて面白い会を立ち上げているんだね。
時代は徐々に体罰を要求し始めてきている。
良識派なんていう外道を叩きのめすためにも
真剣に体罰を考えるご時世が到来していると思う。
頑張って欲しい。


Re: 俺には体罰を行う権利がある... - spanko 2012/03/18(Sun) 02:22 No.237
うーん「体罰を受ける権利」なんていう言い方はおかしいけれど、それを言うなら「教育を受ける権利」だっておかしいよね。

やたら高学歴な左翼は、権利権利とうるさいけれど「教育を受ける権利」なんか実はどうだっていいんだよ、みんなが大学に入って博士になったって、学者で食って行けるのはわずかな者に過ぎない。
そのほとんど99パーセント以上はムダ・ゴミ!

それよりも、善悪や礼儀を(叩いてでも)教え、中卒か高卒で社会に出て働く方が幸せになれるのでは?
つまり「教育を受ける権利」よりも「体罰を受ける権利」の方が、人間にとって重要なんだよ。

もっとも「権利」なんていう声高らかな言い方自体も良くないが、これは戸塚氏の、権利権利とうるさい左翼に対する皮肉・当てつけであると、私は解釈している。


Re: 俺には体罰を行う権利がある... - 2012/03/21(Wed) 02:48 No.238
ここの人達はただスパンキングしたいっていう自分の欲望の為に書き込んでる人間が多いと思います。そもそものサイトの趣旨からはずれてるから管理人さんは迷惑してるでしょうね。

Re: 俺には体罰を行う権利がある... - 良識派 2012/03/25(Sun) 15:00 No.240
尾形 拓心
人間の屑外道だの悪口の限りを尽くしていますが、何が理由なのですか?単に自分がそう思うから?そういう考え方は自分勝手だし、自己中心的です。俺が正しいと思うから正しい、は文明人の考え方ではありません。間違った考え方が名を名乗ったから正しくなることは有り得ませんし、覚悟がどうとかは主張の正しさとは全く関係が無い。叩きのめす?つまり自分の主張が受け入れられなければ暴れて言うことを聞いてもらおうと?そういうのを我侭というのですよ。あなたの主張は欠陥だらけです。物事は筋道を立てて真面目の考えるべきです。

spankoさん
礼儀を教わったほうが幸せになる?それは「お前ら俺に礼儀を尽くせ」の言い間違いではありませんか?つまり、「目上の俺に礼を尽くせ、そうでなければ体罰だ」と。それは間違っていると思います。単なる自己中心的な要求に過ぎないと思います。私は礼というのは上の者に一方的に尽くしたのでは下の者は不幸になるだけだと思います。礼というのは互いに尽くす互恵的なものであり、一方的に上下関係の基づいて要求するものではありません。そんな礼であれば要りませんから、体罰を以ってして教えてもらう必要は一切ありませんし教える権利は誰にもありません。それは教育ではなく単なる強要です。

それから高等教育についてですが、大学院進学率が1%になってしまうと、我が国は干上がります。なぜなら、我が国では主に製造管理は学部で、研究開発は修士過程で、公的機関の研究員は博士過程で学んだ者が担っているからです。高等教育を受けた人材が大量に供給されないと、我が国は技術水準が維持できないのです。それに我が国は合議制の民主主義国家ですから、国民の知的水準が低下すれば国が衆愚政治に陥って崩壊してしまいます。こういった事情も是非ご承知置きください。


Re: 俺には体罰を行う権利がある... - 良識派 2012/03/25(Sun) 15:01 No.241
訂正です。

誤;尾形 拓心
正;尾形 拓心 さん

失礼しました。


Re: 俺には体罰を行う権利がある... - spanko 2012/03/25(Sun) 20:13 No.242
良識派さんへ

> 目上の俺に

年上年下なんて最初から言ってませんし意識もしてませんが、そのようにとらえる貴方は、いまだに年功序列を信じているのでしょうか?
年上年下に関係なく、礼儀知らずな者は、会社は雇ってくれません。
「礼儀を尽くす」が自己中心的な要求などというなら、勝手にすればいいのです。

> 我が国では主に製造管理は学部

べつに高卒でも出来る仕事ですが...もっとも今の「ゆとり」だとちょっと怪しいですが、昔の(学力が高かった頃の)高卒なら、充分出来る仕事です。

> 研究開発は修士過程で、公的機関の研究員は博士過程

確かにそのレベルになると、それなりの教育は必要でしょうが、いったいどれぐらいの就職先があるのでしょうか?
聞くところによると、博士なんて余りに余っているようですが...

> 国民の知的水準が低下すれば国が衆愚政治

すでに愚衆政治ではないのかという議論はさておき、単に国民の平均学歴が高くなれば、良い政治になるか、そんな事はないでしょう。
いくら学歴が高くても、オウムのように、だまされる奴はだまされるだけの事では?
安保闘争だってそうでしょ、むしろ丸暗記の受験勉強してきた世間知らずな奴ほど、かえってだまされやすいのでは?


体罰は目的行為 - 尾形 拓心 2012/03/25(Sun) 21:34 No.243
体罰は目的行為で有り、良識派さんの論じている体罰は暴力を指しています。
正当行為と不当行為を混ぜて論じているからおかしいのです。
日本人ならば日本の法律をきちんと理解して、
日本語で議論して下さい。


Re: 俺には体罰を行う権利がある... - 2012/04/02(Mon) 18:47 No.249


>良識派さん

マーク・J. ペンの「マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと」は読まれましたか?

大卒と高卒、中卒、つまり高学歴者と低学歴者の話が出ているのですが、さて、政治と経済、そして社会の動向に関して
極めて高い情報と関心を寄せていたのはどちらだと思いますか?
これ、高学歴者のほうが多いと思われるでしょう?大方の予想もそうでした。

でも、結果は違いました。低学歴者の八十%が政治、経済、社会に関して関心を寄せており、また情報水準も極めて高かった。
どれくらいかというと、政治学とかの博士号を持ってる生徒がタジタジになるほどでした。
逆に高学歴者は五十%しか関心を持っていなかったんです。

理由としては高学歴者の多くは収入が高く、生活も安定しているからそれらの事柄に関心を寄せないってことでした。
その中で高学歴者達は自分は頭が良く、低学歴者は頭が悪くて難しい事はわからないと考えていたようですが、結果は逆だった。
まさに衆愚政治です。つまり、衆愚政治を行うにはまず、国民に高収入と安定のある生活を与えるべきなんです。

博士号を持っていても月収十五万なんて今の時代、ザラだそうですよ。

>spankoさん

>昔の(学力が高かった頃の)高卒なら、充分出来る仕事です。

これ、ゆとりって言葉が出来てからよくこんな話がされてますがデマですからね。
管賀江留郎氏の「 戦前の少年犯罪」とパオロ・マッツァリーノ氏の「反社会学講座」では事実無根の嘘だって暴露されてましたから。


>尾形拓心さん

あなたの場合は喧嘩を売るような真似をするから駄目なんです。
シェイクスピアのタッチストーンも言ってるでしょう。喧嘩腰になれば喧嘩になるって。
法律云々の話なら現行法では物理的に相手にダメージを負わせるのは正当防衛か緊急避難以外、大人だろうが子供だろうが駄目です。
確かにあなたの言っている事は正しい。しかし、こんなこといったら議論にはなりません。
あなたの言っている事は議論にならない正しさなんですよ。



結局の所、大人もモラルと知性が低下してるのでしょうか。ネットでのみの知識を鵜呑みにしてるわけですから。
しかし、私はこれこそが本来の日本人の姿だとも思います。熱しやすく冷めやすく、何かを言われれば考えずに反論する。
それが悪い事だとはいいません。これが日本の国民性だからです。データも使い方がおかしい。
まず、調べたいのなら図書館にいくべきです。皆さんにはハイエクの「隷属への道」を読まれる事をお勧めします。




[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -