00443306
体罰の会◇掲示板
[サイトTOPに戻る] [アルバム] [注意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

なんだかな〜 投稿者:虫唾走り隊 投稿日:2012/01/09(Mon) 20:23 No.205   
このファイル、スパンキングサイトのものでしょ。
演技ですよ、これ(笑)
スパンキングサイトはネット上でそこら中に転がってる。

頭だいじょうふですか?皆さん(笑)

逆に言うと〜 - spanko 2012/01/10(Tue) 01:03 No.206 ホームページ
> スパンキングサイトはネット上でそこら中に転がってる。

逆に言うと、欧米人は、尻を叩きまくられて育っているということですよね (これぞまさしく、何でも欧米欧米の進歩的知識人たちがひた隠しにしている真実!)

ちなみに最近は、あちらでも体罰反対派がうるさくなってきているので「尻たたき」を禁止しようという動きもあるようですが(参照URL↑)82%がそれに反対しているようです。

結局これはまさしく、No.199 の話題にも関連しますが、体罰が禁止されているが故に「武道」で躾をやろうとして、柔道事故が多発している日本と、体罰とスポーツをはっきり分けているフランスと、どちらが良いかという問題ですね。

まあ、No.198 の動画はちょっと過激すぎましたが、そもそも「欧米の尻叩き」がどのようなものか知らない日本人に説明するには、これが必要でしょう。
(おしりペンペンなんて生やさしいものではありません、肌の色を確認しながら、尻っぺたが「サルのように真っ赤になるまで」集中的に叩きます)


裁判傍聴のお願い 投稿者:本部事務局 投稿日:2010/04/17(Sat) 22:49 No.107 ホームページ   
この裁判は、
児童相談所が法を歪曲して運用し、平和な家庭を崩壊の危機に追い込むといった理不尽な実態を糾弾するものです。

「体罰=虐待」という決め付けにより、
静岡市児童相談所(静岡県)が、
我が子に体罰を行った両親から子供を強制的に奪い
「保護」と称して「誘拐・拉致・監禁」し、2年を超える期間、一度も親権者に面会も通信も認めないという
 【完全隔離・家族分断】
が続いている事件です。

こうしている間にも、多くの児相被害者が増殖しています。

松島さんの裁判も第4回目に突入します。
前回、裁判長から「真面目に答弁せよ」と異例の注文を出された被告達ですが、
その裁判所からの指示にいちゃもんをつけて、今度は裁判の長期化を図る作戦に出てきました。
性根の腐った連中ですから、正論では太刀打ちできないと判断した結果なのでしょうが、
こういう時間稼ぎは、結局、拉致監禁されている子供の将来に悪影響を及ぼすこととなります。

第4回口頭弁論は、次の日程で開かれます。
 
 原告  :松島 弘・真澄 夫妻(静岡市葵区在住)
 代理人 :南出 喜久治(弁護士)
 被告  :国(法務省)・静岡県・静岡市
 事件番号:平成21年(ワ)第25349号
 係属部 :第44民事合議部
 期日  :平成22年4月22日(木曜日)午前11時30分開廷
 法廷  :東京地方裁判所 5階527号

是非、国民の権利を脅かす児童相談所の不法公務について実態を知ってください。

裁判所に正しく審議をさせる為にも、
偏向した公的機関「児童相談所」の実態を知って頂くためにも、
多くの皆様に裁判の傍聴をお願い致します。

体罰の会では、この裁判を全面的に応援しています!

裁判傍聴の礼 - 本部事務局 2010/04/25(Sun) 06:57 No.110 ホームページ
第4回口頭弁論も無事終了しました。
あいにくの雨模様の天候でしたが、多くの方々に傍聴して頂けたことを感謝し、お礼申し上げます。

被告である静岡市(静岡市児童相談所)は、裁判を長期化させようとしていろいろ画策しているようです。
法律に則り正しい法運用をしていると言うのならば、
原告が訴えている”違法行為”について淡々と事実を答弁すれば良いことです。
そんな簡単なことも出来ないとクレームを言っているんです。
こんな杜撰でいい加減な静岡市児相が児童福祉を語り子ども達を誘拐拉致監禁を今も続けています。
腐りきった公的機関です。
国民の皆さん、、、
特にお子さんを養育されている家庭におかれましては、
自衛手段を講じて、児相による被害を受けないように注意してください。

さて、次回は、第5回口頭弁論となります。

 原告  :松島 弘・真澄 夫妻(静岡市葵区在住)
 代理人 :南出 喜久治(弁護士)
 被告  :国(法務省)・静岡県・静岡市
 事件番号:平成21年(ワ)第25349号
 係属部 :第44民事合議部
 期日  :平成22年7月1日(木曜日)午前11時30分開廷
 法廷  :東京地方裁判所 6階606号

次回の口頭弁論から法廷が変わります。
傍聴に来て頂ける方は、法廷をお間違えのないようにお願い致します。
提訴から早1年となります。
これからも裁判の行方を見守っていこうではありませんか!

体罰の会では、この裁判を全面的に応援しています。


Re: 裁判傍聴のお願い - sakura 2011/10/05(Wed) 12:32 No.188
はじめまして、わたしの子供も児童相談所拉致の脅威を受けつつあります。きっかけは、子供が赤ちゃんの時にミルクの飲みが、ほんの一時期少なくなったことを心配して保健福祉や児童相談員に相談したことがきっかけでした。
役所の相談機関や相談員がおかしくなっていると感じました。同じく他のお母さん方からも、おかしな対応をされたと言っていました。
役所の相談機関は、在日人権屋に要所をおさえられていて、学校や医者や警察や法務局やほとんどの弁護士もグルであることを知りました。

公務員や教師には、在日枠があって、1次試験免除で日本人よりも楽に入れる事実があります。そうやって入った在日が日教組活動に専念し、日本の子供を餌食にしていくのです。

児童相談所による日本人の子供拉致をビジネスにしています。(子供1人、月35万円の補助金がでるからです。1年で400万くらい)

また、フリースクール等での、不登校になった子供を対象にしたビジネスが存在しています。
ほんとうに、子供を食い物にするのは、やめて欲しいですよね。

うちの場合は、日教組系の教師から ある被害にあったことがきっかけで不登校になり、問題をすりかえられ、学校に行かせてないのは親の責任だとし、児童相談所を介入して子供を拉致しにくると脅してきています。

こんな児童相談所の悪行は、まるで近隣の国の拉致事件とそっくりですね。

この事実を皆さんに知って頂き、児童相談所の悪行をあばき、被害にあったお子さんを早く解放し、今後同じような被害にあうお子さんがでないように拡散しましょう!!


裁判傍聴のお願い 投稿者:体罰の会 事務局 投稿日:2010/09/05(Sun) 07:02 No.125 ホームページ   
この裁判は、
「体罰=虐待」という決め付けにより、
静岡市児童相談所(静岡県)が、
我が子に体罰を行った両親から子供を強制的に奪い
「保護」と称して「誘拐・拉致・監禁」し、約3年間にわたり、一度も親権者に面会も通信も認めないという
 完全隔離・家族分断
が続いている事件です。

前回口頭弁論に於いても、静岡市は、松島氏(原告)の提出した書類に対して答弁を拒みました。
国も静岡県も2月に開かれた第3回口頭弁論時に既に回答されている内容です。
こんな姑息なやり方で審議の長期化を企んでいる静岡市に対して、何故か裁判長は注意すらしませんでした。
そして、松島氏に「静岡市に対して特別に書面を作成し直せ」と命令してきたのです。

2月から審議は完全にストップしたままなのです!

審議がストップしている間、静岡市児童相談所は松島氏との連絡を一切断ったままだそうです。
これでは、拉致監禁されている子どもさんが家庭復帰する糸口も見つけられない状況です。
松島氏は、無茶苦茶な裁判所からの理不尽な命令を聞いて提出する書類を作成し直したそうです。
そして、次回口頭弁論期日の約1ヶ月前には改訂した「静岡児相の違法公務一覧」を提出していますが、
5日後に迫った本日までに静岡市からの答弁は提出されていないそうです。
審議を無闇に長引かせる静岡市の不遜な対応の現実を傍聴してみませんか?

次回、第6回口頭弁論は、

   原告  :松島 弘・真澄 夫妻(静岡市葵区在住)
   代理人 :南出 喜久治(弁護士)
   被告  :国(法務省)・静岡県・静岡市
   事件番号:平成21年(ワ)第25349号
   係属部 :第44民事合議部
   期日  :平成22年9月9日(木曜日)午前11時30分開廷
   法廷  :東京地方裁判所 6階606号

となっております。

証拠も示さず、答弁も拒み続ける静岡市の為体を傍聴しませんか?
前回の口頭弁論には、児相被害者ではない一般のお母さんがお子さんを連れて傍聴に来てくれていました。
明日は我が身・・・児童相談所の暴走を不安に感じた方が現れ始めたってことでしょう。
児相も裁判所も信用に値しない公的機関であることをご自分の目と耳で確認してください。

傍聴後の希望者による松島夫妻との懇話会も恒例化してきました。
お気軽に参加して頂き、疑問に感じていることへの質問や意見交換をしてみませんか?


体罰の会では、この裁判を全面的に応援しています!

赤い能面をかぶった勢力による日... 投稿者:田代照夫 投稿日:2009/11/19(Thu) 08:11 No.54   
戸塚ヨットスクール事件のマスコミ及び司法の行動を良しとした我 々日本人は子供達が恐ろしい子供達になることなんて夢にも思いま せんでした。現在の子供達?恐ろしいです!元気なんかありません 。元気がないんです!我々日本人の子供ですよ!「あなたの好きなようにしていいのよ!」これが子供達が大人になって日本を他国に売り渡す売国奴になる言葉です。催眠術から抜け出せるのはげんこつしかありません。徴兵制度です。

はじめまして 投稿者:愛国 投稿日:2010/03/06(Sat) 21:50 No.100 ホームページ   
「愛国を考えるブログ」というものをやっている愛国です。
よろしくお願いします。

Re: はじめまして - 本部事務局 2010/04/05(Mon) 16:49 No.105 ホームページ
こちらこそ、良きご理解とご協力をよろしくお願いします。
今後とも、我が国の再生のために頑張りましょう。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -