00443306
体罰の会◇掲示板
[サイトTOPに戻る] [アルバム] [注意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

難しい問題 投稿者:value 投稿日:2014/04/03(Thu) 02:57 No.904   
たまたまこのサイトを見つけました。

そして書き込まずにはいられなくなったので書き込みます。

体罰は必要な場面があるのかもしれません。
叩かれる事で強くなることもあると思います。

ただ、教師が体罰を許可する事を許してしまう(体罰についての現法律を変える)のは、体罰という名目での暴力(教師のストレス発散の為の体罰)が行われてしまう可能性があるので、やはり教師の体罰の許可は賛成しないです。

また、体を痛められつける事で起こる恐怖感は、洗脳をしてしまう可能性もあります。

自己を形成していく段階での体罰は、その人の人格を変えてしまうかもしれないものですので、慎重さが必要になると思います。

なので、誰でもかれでも体罰をしていいという訳ではないとおもいます。

そして私達人間が、人を身体を罰するに値するかどうかも、疑問なところです。

まとまりがなくてすみません。

ここまでよんでいただきありがとうございました

(ただ付け加えではないのですが、あたしの場合は、親から厳しく育てられた事で、忍耐力がついた気がします。。。が、親がだから、あたしの為を思って叱ってくれたんだと思えますが、他人にそんなことをされてたら、「ストレス発散してないか?(笑)」と思ってしまうと思います)

まとまりがなくてすみません。 投稿者:Jack 投稿日:2013/09/07(Sat) 11:20 No.797   
大学で教育学を勉強している者です。
以前は心理学を勉強し、卒業してから今の大学に入りなおしました。

心理、教育の両方で「体罰は決してあってはならない」という話を散々聞いてきたので、このサイトに今日出会って、正直のところ「一体何を主張しているんだ」と否定的な気持ちになっています。

とは言うものの個人的には、現代の行き過ぎた体罰への怯えとも感じられる風潮は良いものとは思っておりません。
ともすれば、子どもに触れただけでも体罰と言われかねない現状はさすがにおかしいと思います。

ただ、そういう状況を作ってきたのも大人であることは事実だと思うんです。
体罰の名の下に暴力をふるい、子どもをひとりの人間として認めずに、傲慢な行いをしてきた大人がいたからこそ、現代人は体罰というものに対して異常に敏感になっているのだと思います。

子どもは確かに未熟かもしれません。大人に比べて出来ないこともたくさんあると思います。
ただ、それでも子どもにだって人格はあるし、どんなに馬鹿馬鹿しいことでも子どもなりの理由があって行動しています。
それを大人の尺度だけではかって、間違っていたら罰を与えて恥をかかせて、それで子どもに生じる変化は「進歩」でしょうか。
私には、それは大人にとって都合のいい「調教」でしかないと思います。

教育の現状が全て良いもの、上手く回っているとも確かに思えません。
ただそれは、教員の力不足もあると思うのです。
教師なら、本来授業や子どもの理解、支援で勝負するべきではないでしょうか。誰よりも勉強し、子どもを理解しようと努め、どうやったらこの子は学校生活を豊かなものに出来るのか、より高みへ行くことができるのか。
それを型に当てはめずに模索し、実践し続けることが教師の仕事なのではないでしょうか。

叩けば確かに子どもは従うと思います。
叩かれたくない一身で頑張って、それが結果的に発達につながるのかもしれません。
しかしそれだけが、子どもを成長させる方法でしょうか。
他の方法がわからないから叩く、というのは結局このサイトで言われる「未熟な子ども」がやっていることと変わりないのではないでしょうか。

本当にまとまりのない文章ですみません。
ただ、ざっとこのサイトを読ませて頂いて、何か残したいという衝動に駆られて書いてしまいました。
これから教員を目指すものとして、この問題は切っても切れないものだと思うので、これからも色々考えさせて頂こうと思います。

乱文失礼いたしました。

Re: まとまりがなくてすみません... - 陰ながらと言わずに 2013/09/07(Sat) 20:33 No.799
>心理、教育の両方で「体罰は決してあってはならない」という話を散々聞いてきたので、


質問ですが、「決してあってはならない」理由は、何でしょうか。

どうして あってはならないのか、その理由を心理学、教育学では、どのように説明されていますか?

建前ではない理由を、知りたいです。


Re: まとまりがなくてすみません... - 相楽 2013/09/21(Sat) 12:13 No.804 ホームページ
>何か残したいという衝動に駆られて書いてしまいました。

とのことですけど…「何か残すだけで、もう二度とここにいらっしゃらない」つもりで書かれたのだとしたら、すごく残念です。
教科書以外からも学びたいという熱意から、ここに辿り着かれたんだと思いましたので…返答くらいは読んでいただければ…と感じています。

個人的には「決してあってはならない」という【全否定は、存在自体の否定や思考停止につながり】やすく、その結果何も学ばないことによって、【いじめや校内暴力、他の先生の暴力(マスコミが体罰と呼ぶ行為)を止められない先生】が増え続けるのではないか、と危惧しています。

陰ながらと言わずにさんのおっしゃるとおり、【「決してあってはならない」理由】が、どのように説明されているのか、はとても大事なことです。
さらに【あなた自身がどう考えるのか、多忙すぎる教育現場でどう実践していくのか、どこまでできるのか】、なども大事になります。在学中に時間をかけて考えることはとてもいいことだと思います。


Re: まとまりがなくてすみません... - 陰ながらと言わずに 2013/09/23(Mon) 19:07 No.805
「いじめとは何か」教室の問題、社会の問題 (中公新書 2010年初版)を、いま、読んでいます。

その中の p.99〜  悪意による見えにくさ 
     p.101〜 善への意思が悪を生む

などが、非常に現実的な観点だと思います。

いじめに関する本ですが、体罰にもつながる内容だと感じています。


現実に学校で起こりうる、いじめ、体罰の背景を、もっと文部科学省、教育委員会、校長は、知るべきだと思います。

「あってはならない」ことが 起こっている以上、どうして起こるのかの再考が、必要ですよね。


いじめ、体罰は、制裁ですね - 陰ながらと言わずに 2014/03/30(Sun) 22:26 No.902

いじめは、

明らかに弱者いじめ というより、何らかの落ち度、ルール違反、能力不足に対する制裁が、「いじめ」になっているように思えます。 

制裁を加えるのが、生徒であったり、先生であったり、先生の制裁を 生徒が模倣したり・・・。

体罰も、私は 制裁だと思っています。


体罰する前に、
「他の方法は ないのか?」「別の観点で考えることは できないか?」を、指導者である教師が、再考していただきたいと思います。


子供の本性みえてますか 投稿者:名無し 投稿日:2014/03/05(Wed) 13:40 No.898   
子供の本性は見えてますか
体罰云々書き込む前に、皆様、子供の本性は見えてますか。
携帯電話の発達により、ラインやメールで苛めの温床になりつつ
あることもご存知?うちの子に限って・・それが一番危ない
ラインで教師の悪口で盛り上がる・・これも苛めですよね
教師なんかやってられない・・そんな声を聞きます。
体罰・・の前に・・子供の本性見えてますか
子供が悪魔の笑顔に近づいてませんか
子供の本性とは怖いもんです

無題 投稿者:体罰反対 投稿日:2014/01/05(Sun) 21:46 No.874   
体罰は法で禁止されています。
体罰は教師の自己満足です!
体罰された子供の気持ちも考えるべきだ!
体罰によって自殺した生徒がいるにも関わらず、体罰を推進するのはおかしいのでは?
「体罰の会」と言う名の団体は、日本国民全員を敵に回したものだ。
体罰をそんなにしたいのですか?
相手の立場に立って物事を考える必要があると思います。

Re: 無題 - 殺すことによる教育 2014/01/06(Mon) 13:07 No.875
体罰反対さんは体罰以上に学校で問題になっている、
いじめについてどうお考えですか?
残虐で相手の立場に立って物事を考えることを知らない
悪魔のようないじめの加害者に対しては、
体罰で身体的に痛めつけて、被害者の痛みを教え込むべきです。


Re: 無題 - 相楽 2014/02/02(Sun) 21:24 No.896 ホームページ
マスコミのニュースで流れる『体罰』は、ただの【教師の暴力】です。
一方、いじめは【生徒・児童同士の暴力】だと感じます。
暴力に対して「罰」という、一見正しいことのように感じる言葉を
使うことには反対なのですが…相手の立場・苦しみ・痛みを知り、
相手を思いやるための教育は必須だと感じます。
「怪我をしないよう制御した強さで身体への痛みを与える行為」なら、
それは、子どもの気持ちを考えた行為だと呼べると思います。
もちろん、体罰の前に言葉を尽くすべきですし、
体罰(怪我をしない痛み)の後にも言葉を尽くすべきだと思います。

『体罰反対』の言葉だけでは現状が変わらないのですから、
別のアプローチをする必要があると思います。
そこで思考を停止させていては、現状維持に力を貸すだけに
なってしまいます。
…なんて言いながら、上記のわたしの言葉はこの掲示板上の
数名の意見を、わたしなりにまとめただけの借り物意見なのですけども。


いじめの加害者には体罰が必要で... 投稿者:殺すことによる教育 投稿日:2013/02/06(Wed) 14:04 No.470 ホームページ   
 現在問題になっている体罰は、スポーツ指導ですが、
いじめの加害者に対しては、体罰が絶対に必要です。
 身体的に痛めつけて、被害者が追った痛みを教え込み、
重傷を負わせて入院させ、いじめがエスカレートすることを
恐れて通報できない被害者に安心して相談させることができる
というメリットがあります。

Re: いじめの加害者には体罰が必... - 2013/02/06(Wed) 15:19 No.471
子供にしてみればいじめも「体罰」だと思っている場合もあります。
過度のいじめは重罪であり、廊下に立たされて済むという認識を子供がもてば全く解決になりません。
かといっていじめが罪だと理解するまで体罰の度合いを強めて何10発も殴ることは大人の子供に対するいじめ、暴行です。
大人がそれではなんの説得力もありません。

いじめ根性は多数の大人にもあることは誰もがわかっていると思います。教師に体罰の権利を与える事は危険なんです。

体罰も過度のいじめも罪だという意識が子供にもまわりの大人にも低すぎるのです。
大人はいじめとの境が曖昧な体罰を子供らの見本になるようにやめるべきです。
殺人や窃盗と同じくいじめが罪であるという意識づけの方法を日頃から脳に汗をかき胃を痛めながら考えることです。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/02/06(Wed) 19:07 No.473 ホームページ
この質問サイトでも、いじめの加害者に対する体罰の有効性は
証言されています。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - やました 2013/02/06(Wed) 22:36 No.478
どのことでしょうか?
統計データですか?
万引きを死刑にすれば万引きは減りますよ。

仮想話なら何の証明にもなりません。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/02/06(Wed) 23:29 No.479 ホームページ
やましたさんへ。
No.473の書き込みにあるホームページのアイコンをクリック
すれば、いじめに対して体罰が行われたかどうかについての
質問サイトの書き込みが閲覧できます。

>万引きを死刑にすれば万引きは減りますよ。

いじめが原因で被害者が自殺した場合は、加害者を殺人罪で
死刑にすべきです。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - やました 2013/02/07(Thu) 10:14 No.487
質問サイト見ました。

父親に半殺しにされた件
床に叩きつけられ殴られたとありますが、この体罰があなたの息子に対して教師が行ったとすれば納得できますか?
殴られた際に障害が残ったとしても納得できますか?

転校生いじめの件
これはいじめていた子供が上には上がいることを知ったという一時的な恐怖支配の成功例ですね。
この子が大人になり権力者になった場合はさらに危険です。

大人になっても体罰という名目のいじめは多々あるんですよ?


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/02/07(Thu) 16:59 No.492 ホームページ
やましたさんへ。
いじめの加害者に対しては、暴力を頼みにするものは、
もっと巨大な暴力によってたたきつぶされると言うこと
を教え込まないと、殺人犯になってしまいます。
また、被害者は「チクッたな」と逆恨みされていじめが
エスカレートするのを恐れて、教員に通報することができないの
です。
そこで加害者に体罰で重傷を負わせて数ヶ月間入院させ、
被害者から隔離させることによって、
被害者に安心して通報させることが必要です。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - spanko 2013/02/07(Thu) 22:04 No.493
> 暴力を頼みにするものは、
> もっと巨大な暴力によってたたきつぶされると言うこと
> を教え込まないと、殺人犯になってしまいます。

まさしくその通りです。

ただ、世の中の大人たちは、いじめ防止よりも、受験やスポーツで勝つために、体罰を使いたがるので、まずそこから直していかないと、どうにもなりませんね。
戸塚氏も、そういう大人たちに迎合してしまって、いじめ肯定論に走ってしまったところが残念!


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/06/11(Tue) 21:54 No.663
いじめが原因の自殺やいじめ傷害事件など、残虐ないじめ事件が
後を絶ちません。
それでもいじめの加害者に対する体罰は認められないのですか。
いじめの被害者はいじめがエスカレートすることを恐れて通報
できないのです。
そこでいじめの加害者に体罰を行うことを法律で義務づけて、
重傷を負わせて入院させて被害者から隔離し、
いじめに終止符を打つのです。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/06/11(Tue) 22:15 No.665
私がいじめ自殺事件で危惧しているのは、
被害者を自殺に追い込んだ残虐な加害者がついには自ら人の命を
奪い、
それによって全人類がいじめ犯によって皆殺しにされてしまうの
ではないかと言うことです。
実際に大津市のいじめ自殺事件の犯人の木村束麻呂は、
逃げるように転校した先でもいじめを行いました。
このまま生かしておいては自らの手で人を死に追い込みます。
体罰で死刑に処さなければ、いじめ犯によって世界が滅ぼされ
てしまいます。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/07/11(Thu) 18:16 No.682
今度は名古屋市で、いじめが原因と思われる自殺が起きました。
今回の事件で深刻な事態なのは、自殺をほのめかした被害者に
対して、相談を受けた教員が、「やれるものならやってみろ」と
あおったと言うことです。
もう問題外です。今回自殺をあおった教員は、責任を取るため
にも、いじめの加害者を体罰で殺さなければなりません。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/08/27(Tue) 19:40 No.792
 「暴力なき正義は無力であり、正義なき暴力は、犯罪である」
他の書き込みで、紹介されていた言葉です。
 いじめに対する体罰は、正義なき暴力である、
悪魔の所行であるいじめに対して、正義が伴う暴力によって制止
する、純粋な正義を顕すための行為です。
 いじめという悪がはびこっている今の学校をどう見るのです
か。
 正義のためなら暴力も殺人も許すべきです。
 いじめによって被害者を自殺に追い込んだ悪魔そのものの
加害者がのうのうと生きている現状を許すのですか。
 大津市のいじめ自殺事件の犯人、木村束麻呂は
批判から逃げるように転校した先でもいじめを行いました。
 もはや生かしておいての更正は不可能です。
体罰で殺さなければならないのです。
 いじめの犯人は必ず大量殺人犯になります。
全人類を皆殺しにする恐れもあります。
 全人類の命がかかっているのに、体罰も死刑も認めないの
ですか。
 いじめをなくすと言うことは、世界平和や、全人類の存続を
かけた戦いなのです。
 いじめ犯数人を生かしておいたために、全人類70億人が
皆殺しにされてもいいのですか。
 体罰も暴力も死刑も、全人類の生命を守るためには絶対に
必要なのです。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 相楽 2013/09/01(Sun) 11:33 No.795 ホームページ
わたし達は湾岸戦争以降、「アメリカの正義」のための暴力や殺人を、多数見てきました。
それによって、世界は、戦争の相手国は、良い方向へ進んでいるでしょうか?
どの国も、テロや内紛が頻発する、より危険な世界になっていませんか?

・アメリカ=正義のための暴力・殺人を行う教師
・多国籍軍=暴力・殺人の後を監視する教師(同一人物かも)
・相手国=教室
・相手国指導者層=いじめっ子
・テロ=生徒間・教師のいじめや暴力
・内紛=いじめっ子同士の権力闘争や縄張り争い

と、なぞらえてみてください。そのうえで…
「正義のための暴力や殺人」は、本当に役に立つとお思いですか?
死者を減らすために役に立ったとお思いですか?
正義のための暴力の後で行われた内紛が、それ以前よりも過激になったと感じたことはありませんか?

わたしは、仮に「正義のための暴力や殺人」を行うと、放置した場合よりも多くの犠牲を払い続け、しかも「いじめっ子は反省せず、互いに争い合う」という…「改善点が一切ない」状況になる、と推測しています。

ですので、先に行うべきは、「更生」であり、「教育」です。
教育をするために椅子に座らせたり、話を真面目に聴かせたりする目的で行う体罰は、必要だと思います。そして一般教室に在籍させると危険な場合や再犯があった場合は、警察機間での更生や教育に委ねるべきで、警察に強制連行させるために必要な体罰は肯定します。
現場の教師が行うべき行為は、「暴力」という無制御な力(おっさんのおっしゃる「暴なる力」)ではなく、「制御された有形力」でなければならない、と思っております。
(更生と教育を、わたしが前半に使った例になぞらえると…相手国の子どもへの教育の義務化、学校・道路等の建築、給食費支援、児童労働への罰則制定と厳密な遂行、テロ組織への参加を予防する偏りのない教育制度設計と、制度に沿った教師の育成、雇用支援等にあたります。これに暴力や殺人は一切含まれません)

体罰の会の「進歩を目的とした有形力」だけでは、目的だけでは不足しています。「有形力の制御」…手段への規制も必要です。
ですので、わたしは「正義のためなら暴力も殺人も許すべき」との意見には、真っ向から反対します。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/10/11(Fri) 20:10 No.836
 大津市のいじめ自殺事件の犯人
木村束麻呂・小網健智・山田晃也の3人は、
何が何でも体罰で殺さなければなりません。
 特に木村束麻呂は、非難から逃げるために転校した先の
学校でもいじめを行いました。
 もはや更正の余地はありません。
 ここで殺さないと、第2第3の犠牲者が出ます。
 それにとどまらず、全人類を皆殺しにする恐れがあります。
 テロや戦争や環境破壊は、いじめ犯がいじめを行っている
ために起きているのです。
 いじめ犯を皆殺しにすれば、シリア内戦や、
北朝鮮やイランによる核開発も解消します。
 いじめ対策は、そうした、世界の全人類を救うための
緊急課題なのです。
 だから大津市のいじめ犯は何が何でも体罰で殺さなければ
なりません。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 相楽 2013/10/15(Tue) 06:54 No.849 ホームページ
まるで変わらない主張を繰り返すんですね…
これでは会話にならないので、質問いたします。

【いじめによって自殺をさせた「犯罪」に対して、
 「刑罰」ではなく、「何が何でも体罰」で
 なければならない「理由」は、なんですか?
 刑罰をより厳しくした場合(最大で死刑)を想定して、
 お答えください。】

ちなみにわたしは、
【刑罰の場合】
・いじめを行う少数者に対して「刑罰が与えられる」という恐怖感を与え、いじめたい欲求を弱める効果がある(0にはならないが、ニュースなどで何件もの事例が報道されると0に近づく)
・自分がいじめられたくないから黙認、または命令に従う多数者に対して安心感を与える効果がある

【体罰の場合】
・いじめを行う少数者に対して「多数の人の前で長時間痛い思いをして泣き叫びつつ殺される」という強い恐怖感を与え、いじめたい欲求を無くす効果があるが、欲求不満となり他の犯罪をする可能性が高まる
・自分がいじめられたくないから黙認、または命令に従う多数者に対して恐怖感を与える逆効果があり、教師や学校、他の生徒への恐怖症や人間不信、PTSDなどの深い傷を与える

と考えています。
学校の隠蔽体質の改善が前提にはなりますけど。


体罰を受けたら、警察に被害届を... - 陰ながらと言わずに 2013/10/15(Tue) 10:35 No.850

傷害容疑で兵庫・明石の中3男子が逮捕 されたそうですね。
教諭が男子生徒からの殴打で打撲(軽傷)を受け、警察に被害届を出して 男子生徒が逮捕されたようです。

でしたら、教諭(成人)が生徒(未成年)に体罰した場合、生徒(と保護者)が警察に被害届を出せば、一番、話はすっきりするんじゃないでしょうか。

被害(体罰)を受けたら、訴えるのは警察へ、です。



Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/10/20(Sun) 23:22 No.851 ホームページ
相楽さんへ

大津市でのいじめ自殺事件のまとめwikiサイトをご覧ください。
担任教諭の事件への対応はなっていません。
体罰で木村束麻呂、小網健智、山田晃也の3人を殺させて
責任をとらせるのです。
いじめ事件で加害者への体罰が絶対に必要なのは、
学校に事件が起きた責任をとらせるためです。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 相楽 2013/11/07(Thu) 18:34 No.855 ホームページ
>殺すことによる教育さん
いじめによって自殺をさせた「犯罪」に対して、「刑罰」ではなく、「何が何でも体罰」でなければならない「理由」は、

【学校に事件が起きた責任をとらせるため】

でよろしいでしょうか?
そうであれば、わたしならば

1.いじめ自殺等に関する責任をとるために、【担任教諭(部活なら顧問教諭)、学年主任・教頭・校長・(私立の場合)理事長】に(減給程度ではなく)刑事罰を与える
2.【学校法人】に対して罰金刑を科し、被害者の遺族に全額を配する(学校が遺族に直接慰謝料を渡す方法では「刑罰」を与えられないために先に罰金を科します。この刑とは別に、遺族には賠償請求権を保障すべきです)
3.【自首・告発】をした者に対しては執行猶予に留め、報道機関に個人情報を一切公表させない(公表した報道機関にも罰金を科す)。さらに「他の当事者に逆恨みで攻撃されないよう、警察が適切な処置をとる」

といった法改正で、かなり改善が見込めると思います。
おそらくいじめは0%にはなりませんが、「体罰で殺させる」手法でも0%になるとは思えません。内部告発に関しては一般企業関係のほうが法律が充実していた気がするので…それを真似てもいいかもしれません(知識がないのでこれ以上の言及は避けます)。

wikiの感想をちょっと交えて申し上げますと…
いじめに対して「やりすぎんなよ(笑いながら)」と言うような感性の持ち主だと、「合法的に虐殺できることを喜びそう」だと感じました。この担任教諭、怖いです。
これが、わたしの思い込みならばいいんですけれど。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 陰ながらと言わずに 2013/11/09(Sat) 19:46 No.856

体罰の話からは離れますが、

大津市でのいじめ自殺事件があった滋賀県の中学校のHP 沿革の中に、


  平成21年 4月 1日 文部科学省「道徳教育実践研究事業」の指定を受ける
  平成22年11月 9日 文部科学省「道徳実践研究事業」指定校による全校道徳公開  

とあります。
いじめ自殺事件があったのは、その1年後の、平成23年10月11日とのことです。

文部科学省の研究事業が 全く生かされていなかったとしか思えません。
「道徳実践研究事業」指定校になったがために、いじめは無い、ことにせざるを得なかったのか? とも感じました。

何のための道徳実践研究事業だったのか、と思います。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/11/10(Sun) 21:35 No.857
相楽さんへ

担任の森山進は、木村束麻呂、小網健智、山田晃也を体罰で
殺させた後、殺人罪で死刑にすべきです。

陰ながらと言わずにさんへ

だからこそなおさら、学校に対しては、
木村束麻呂、小網健智、山田晃也を体罰で殺せと訴えなければ
なりません。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 陰ながらと言わずに 2013/11/10(Sun) 21:49 No.858
個人名を書き込むのは、良くないのではないでしょうか。
体罰で殺せ、という表現は 不適切だと思います。

関係者のかたですか?


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 相楽 2013/11/18(Mon) 12:49 No.859 ホームページ
>殺すことによる教育さん
いじめによって自殺をさせた「犯罪」に対して、「刑罰」ではなく【「体罰」でなければならない理由】は何ですか?
以前おっしゃった「見せしめにしていじめを予防」という発想の正当性を、わたしは全く理解できませんでした。別の側面…いじめの被害者や、首謀者を恐れて加害者側についた(広義の)被害者の観点を交えてお答えいただきたいです。

いくらwikiに載っているとはいえ、無関係のサイトであるここに本名を書いていい理由にはなりません。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/11/18(Mon) 18:50 No.861
相楽さんへ

被害者の立場から言えば、いじめの加害者に対して体罰を行う
メリットは、恨みを晴らすことです。
加害者が全校生徒の面前で複数の教員から殴る蹴るの暴行を
受けることを見ることによって溜飲を下げさせるのです。
傍観者にも、加害者が体罰を受けていることを見せることに
よって、責任をとらせるのです。

大津市のいじめ自殺事件について犯人の実名を書いているの
は、このサイトに書くことによって、世間では
スポーツ指導で悪だと思われがちな体罰を、
いじめの加害者に対する究極の制裁という、正義のための
行為として認めてもらうためです。
どんなに体罰に対して反対だという意見をお持ちの人も、
いじめの加害者に対して行われれば話は別です。
大津市のいじめ自殺事件で、火に油を注ぐ対応をした教員の
森山進に対しては、木村束麻呂、小網健智、山田晃也を
体罰で殺させて、責任をとらせるのです。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 陰ながらと言わずに 2013/11/20(Wed) 19:02 No.863

> 火に油を注ぐ対応をした教員

については、教員の責任をもっと重く考えるべき、と思います。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 相楽 2013/11/25(Mon) 16:16 No.867 ホームページ
>恨みを晴らす
いじめ自殺の被害者は既に亡くなっていて見ることができませんが、遺族に見せるんでしょうか。
他のいじめ被害者にとっては効果がありそうですが…教員に対する恐怖感を抱かせる可能性は高いでしょう。そこから、いじめを思い出して再起不能のトラウマを与える可能性や、登校拒否を起こす可能性も考慮してください。
いじめを受けやすい人の性格の推測を、もっと適切に行う必要があると感じます。

>溜飲を下げさせる
彼ら、彼女らはいじめの加害者に対する恐怖感を感じた人たちです。
たとえ溜飲を下げさせることに成功しても、他のいじめ被害者と同様に、教員への恐怖感を抱きやすいと推測できます。
これ以上は上述と同様なので省略します。

>傍観者にも、見せることによって責任を取らせる
いじめの加害者に対する恐怖感から、傍観者になる人がそれなりに存在します。教員であれば他の教員(特に校長や教頭等の上司)からのいじめを恐怖する人もそれなりに存在します。彼ら、彼女らに関しては上述と同様で、マイナス効果が大きいと感じます。
それ以外の人に対しては有効かもしれませんが、殺人に至る暴力を振るわせる必然性を全く感じません。

>火に油を注ぐ対応をした教員
殺人教唆で逮捕、教員免許剥奪など、厳しい措置が必要だと、わたしも思います。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 陰ながらと言わずに 2013/11/25(Mon) 19:07 No.868

厳しい措置がなされない教員・・・ は、

教育委員会の親族 とか、教育界で有名なかたの教え子とか、人徳のある校長先生のご子息とか、

何か 厳しい措置ができない理由があるのかなーと思うくらい、甘いときは甘いですね、教育委員会の判断が。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/11/26(Tue) 12:10 No.869
相楽さんへ
いじめの加害者に対して体罰を行う教員は、いじめの加害者に
とってはただの暴力教師だと思うかもしれませんが、
いじめの被害者にとっては正義の味方です。
いじめの加害者に体罰を下す正義の味方たる
教員を頼もしく思ってくれると思います。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 相楽 2013/11/27(Wed) 19:38 No.871 ホームページ
>厳しい措置がなされない教員
そうなると、教育委員会ではなく警察に委ねる必要がありそうですね。
それでも正当な判決が下らない可能性はありますけど…

>いじめの被害者にとっては正義の味方
これは、おっしゃるとおりだと思います。
しかしわたしは、その上で、【いじめの被害者が、正義の味方がふるう暴力、および正義の味方そのものを恐れる】ことを危惧しています。
いじめの被害者の眼前で、殺人を行う正義の味方たる教員を「頼もしく思ってくれる」とは考えていません。
わたしは心理学を学んだ者ではないので、わたしの感性が誤っている可能性はあります。しかし…「教師の暴力による死」は、江戸時代の「磔」に類似する凄惨な行為であり、処刑者を頼もしいと思うより恐ろしいと思うのではないかと感じます。
しかも何より、体罰の会の趣旨に反している思想である、と推測します。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2013/12/27(Fri) 17:53 No.872
相楽さんへ

相楽さんもいじめの加害者に対しては体罰が絶対に必要だと
お思いですか。
被害者が自殺した場合には加害者を殺人罪で死刑にする
必要があるとお思いですか。
その上で、集会で全生徒が見ている前で加害者を体罰で殺すの
には反対なのですか。
それでしたら相楽さんにお願いです。
大津市でのいじめ自殺事件の犯人
木村束麻呂、小網健智、山田晃也の3人は、絶対に
殺さなければなりません。
大津市の3犯人殺害を大津市教育委員会に対してお願い
することへのご協力をお願いしたします。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 相楽 2014/01/07(Tue) 18:32 No.876 ホームページ
殺すことによる教育さんへ

>いじめの加害者に対しては体罰が絶対に必要だと
>お思いですか。
【NO】です。言葉で言っても効果が無い、言葉で注意したら
間に合わない場合のみ、「死傷しない程度」に行うのなら
【止むを得ない】と考えています。
ですので、
殺人に対して「体罰」という言葉を使うな!
と、申し上げます。

そして、「いじめの加害者に必要なもの」は、「教育」と、
「刑期等を設けずに、反省を【行動で表すまで】無期限拘束
すること」だと思います。
行動は…遺族に反省と謝罪の手紙を何度も書くとか、
少年刑務所の職員に同行してもらって墓参りをするとか、
他にも色んな方法があると思います。
問題は、刑務所が満員になっていて、心から反省するまで
待つことが困難であること、なんですけど…


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 相楽 2014/01/07(Tue) 18:50 No.877 ホームページ
殺すことによる教育さんへ

追伸。
わたしは【「死傷しない程度の有形力の行使」が「体罰」だ】
と考えており、死傷させたら「暴力」だと考えています。
2〜3日で全快するような軽いげんこつ程度だと、暴力と
呼ぶのかどうか悩みますけど…傷つける目的があった場合は
確実に「暴力」だと思います。

「いじめ」であれ、マスコミが報道する「体罰」であれ、
【実態は暴力】ですので、【警察・司法】に委ねるべきです。
文部科学省下の組織である教育委員会が、扱っていい問題では
ありません。これは暴力をふるった教師の処分についても
同じで、教育委員会が勝手に処分を決めるのではなく、
身柄を警察に引き渡すべきことです。

さて1つ、殺すことによる教育さんに、質問いたします。
あなたはなぜ、いじめ自殺事件犯の3人を、【文部科学省が
管轄する範囲内で】処分する案ばかり、出すのですか?


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2014/01/08(Wed) 20:40 No.878
相楽さんへ
木村束麻呂、小網健智、山田晃也の3人をなぜ
守山進や大津市教育委員会に殺させる案を出しているかという
と、3犯人が殺人罪で起訴されていないからです。
いじめで被害者が自殺した場合には、犯人を殺人罪で死刑にする
これは相楽さんも同意見ですか。
司法や警察が殺してくれない以上は、
守山進や大津市教育委員会に殺させる以外にないのです。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 相楽 2014/01/11(Sat) 20:30 No.885 ホームページ
殺すことによる教育さんへ

>いじめで被害者が自殺した場合には、犯人を殺人罪で死刑にする
>これは相楽さんも同意見ですか。
【NO】です。殺人した人を死刑にすることには反対です。
理由は【生き続けて一生かけて罪を償う】べきだ、と思うからです。
これは「無期懲役にする」という意味ではなく、善行や金銭にて弁済し続ける、という意味です。
これは「死」より重い贖罪になるとわたしは思っています。
前述の「反省を【行動で表すまで】無期限拘束」は、その前提条件になる考え方です。

教育委員会に関しては、ウィキペディア日本語版で「大津市中2いじめ自殺事件」を調べてみると、
東京新聞と中日新聞が
・学校や教育委員会が組織を守ることを優先し、子供の立場に立てなかった不明を深く反省すべき
・教育委員会が調査に加わった場合、「身内」である学校側への追及は甘くなりがち
との報道をしていることを見つけました。なのでわたしは、
【殺人罪で起訴されていないのは「教育委員会の圧力」のせいではないか?】と感じました。
犯人たちの罪が重くなれば、担任や学校、市や県の教育委員会の罪も重くなります。
なので、教育委員会の手に戻すと、あなたの主張とは逆に、罪が不当に軽くなるのでは
ないでしょうか?

わたしは、【犯人の起訴理由に「殺人罪」を加えるよう「警察に」訴えかける】
運動が必要だと思います。【教育委員会ではなく警察に】です。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2014/01/15(Wed) 23:44 No.889
またもやいじめが原因の自殺が明らかになり、
加害者が書類送検で済まされました。
加害者に厳罰を科すためにはどこに訴えればいいのでしょうか。
文部科学省に体罰で殺すことを訴える事は認められないのは
わかりました。
ならば加害者を投獄するための刑務所学校を作ることを訴える
ことは認められるでしょうか。
法務省に殺人罪で死刑にすることを訴えるのは認められるので
しょうか。
後は警察庁に対して、被害者が110番でいじめを通報した場合に
は、サイレンを鳴らしたパトカーを学校に走らせ、
学校で加害者に手錠をかけて逮捕させ、即刻留置場に放り込む
事を訴えればいいのでしょうか。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 相楽 2014/01/19(Sun) 17:22 No.890 ホームページ
既存の少年院の中に、学校相当施設は既に存在しています。
(Wikipedia→少年院)
なので、現状のままで問題無いと思います。

新たな被害者を出さないため、加害者の更生のためには、
【加害者の身柄を拘束することは必要だ】とわたしも思います。
在宅送致(書類送検)か身柄付送致(身柄送検)かを決める前に、
いったん少年鑑別所などで調べてもらわないと…検察官の
裁量権が大きすぎて、法治が人治になる危険性が高くなる
のではないか、とも感じます。

ただ、身柄を拘束する時点では加害者と確定しておらず、
被疑者です。加害者が被害者に偽装して110番通報するなど、
冤罪を狙うことも(調査を進める前であれば)可能です。
事実追求が不十分なうちから、氏名が分かる方法で身柄を
拘束するのは危険だと思います。

特に、通報した被害者に対して、警察が把握していない加害者など
からの報復が起こるとか、被害者が危険にさらされることが
最もおそろしいと感じます。
そんな事件が数回あれば、110番通報することを怖れるように
なります。それでは逆効果ですので。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2014/01/19(Sun) 20:04 No.891
>既存の少年院の中に、学校相当施設は既に存在しています。

法務省の管轄ではなく、文部科学省の管轄の拘束施設が必要
です。
そうすれば犯罪としての立件が難しい、悪口や無視をした
加害者も投獄できます。
学校が主導で加害者に制裁を加えることが出来れば、
事なかれ主義の対応はなくなります。
これを行うためには、少年院では少なすぎます。
過疎化が進む町村は別としても、市、並びに政令指定都市に
1校は刑務所学校を作り、いじめが発覚した時点で加害者を
投獄すれば、世間の怒りを静めることが出来ます。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 殺すことによる教育 2014/01/19(Sun) 20:07 No.892
891の書き込みで、
「政令指定都市に」を、「政令指定都市の区に」に訂正します。


Re: いじめの加害者には体罰が必... - 相楽 2014/02/02(Sun) 21:02 No.895 ホームページ
>殺すことによる教育さん
悪口とか無視とか、下手すると被害者が加害者を無視したときとか
言葉で反撃したときとかに、被害者に適用される可能性がある行為で
投獄なんて、わたしには狂気としか感じられません。
わたしが必要だと思うのは、【「加害者を隔離」して被害者を守り、
被害者や加害者をマスコミ等から守ること】です。
世間の怒りを静めるとか、第三者のために行うものではありません。

それと…このスレッド、長く伸びすぎていて体罰の会に対して
迷惑をかけているのでは、と感じました。
この発言の家アイコンから、わたしにメールを送ることができる
ようにしていますので、個別にやりとりしたほうがいいのではないか
と提案します。
ただし、このままだとわたしが言い逃げする形になりますので、
今後どうなさるかは、あなたにお任せします。

>管理人さん
長すぎるやりとりをしてしまい、申し訳ありませんでした。
わたしの発言に関しては、【発言の改変以外】であれば、
削除など、何を行っていただいてもかまいません。
ご迷惑をおかけしました。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -