00443306
体罰の会◇掲示板
[サイトTOPに戻る] [アルバム] [注意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

無題 投稿者:jg 投稿日:2013/02/09(Sat) 16:42 No.502   
石原さんが言う程度の体罰か幼少のときの尻叩き程度なら話し合うべきだと思います。

ただ、戸塚さんは過去の死亡事件で有罪判決をうけてますよね。
反省した様子もなく未だに正しいと思っているならこの会は危険でしょう。

戸塚さんはこの会にいない方がいい。

戸塚さん、散々指摘受けてると思いますが、うつ病に体罰は効きません。
危険な逆効果で自殺の原因にもなります。
ヨットスクールには体罰以外にうつ病に効果的な要素はたくさんあります。

Re: 無題 - spanko 2013/02/09(Sat) 23:41 No.504 ホームページ
 
> 尻叩き程度なら話し合うべきだと思います。

受験やスポーツの根性主義はもういいかげんやめて、

"悪い事をしたときのみ尻を叩く"にすればよいと思います____↑

> 戸塚さんはこの会にいない方がいい。

戸塚氏は、少なくとも表には出ない方が良いです。
今回の桜宮高校の件で、そもそもなぜ左翼のアサヒが戸塚氏を出演させたか?
そりゃ体罰のイメージを悪くするために決まっているでしょ!


それと、 - spanko 2013/02/10(Sun) 07:48 No.506 ホームページ
元プロ野球選手の桑田真澄さん______________________________↑

> メジャーリーグ在籍時に訪問したアメリカの小学校や大学では、コーチが怒鳴ったり殴ったりせず選手がのびのびと野球をしていたといい、「体罰なしでもすばらしい選手が育つ証しだ。主体的に考えられる選手を育てる方法を勉強しないといけない」と語った。

では、アメリカは全く体罰しないかというと、そうではないですね。

アメリカは「体罰は体罰」「スポーツはスポーツ」とはっきり分離されている

それに対し日本は「体罰とスポーツが分離されていない」悪しき体育会系文化に問題がありますね。


補足、 - spanko 2013/02/10(Sun) 08:17 No.507 ホームページ
                                ↑
アメリカは、州や地域の実情に合わせ、体罰が認められています。
但し体罰は、必ず管理職である校長が行います。
(校長以外の教師が感情にまかせて生徒を殴れば即刻クビになります)
また生徒は、体罰以外の罰を選択することも出来ます。

※ 体育教師に汚れ役をやらせ、校長は知らん顔、トカゲの尻尾切りをする日本は最悪ですね。
なぜそうなってしまうかというと、一律に体罰が禁止され、思考停止してしまっているからです。


制服はやめたら? - spanko 2013/02/11(Mon) 10:03 No.510 ホームページ
それにしてもアメリカの学校って良いよね。                ↑
たまにケツ引っぱたかれる事があっても、基本的に服装は自由だもんな。
それは大きい。

そもそも制服はなんのためにある?
非行防止のためじゃなかったのか?
制服を着せておけば非行はなくなり、体罰は不要になる ハズ だったのだが...
役に立たないのなら、やめてしまえばよいのに。

※ 制服屋の利権が絡んでるのかな? 制服って粗末な造りの割に高いよね。


なるほど - uncle 2013/02/12(Tue) 21:32 No.515
>アメリカは「体罰は体罰」「スポーツはスポーツ」とはっきり分離されている

なるほど、桑田真澄さんの発言も決して嘘ではないが、一面の真実ということですね。
さて、右も左も、自分の都合の良い情報ばかり流して、さらには体罰の定義までねじ曲げようとするので、何が何だか分らなくなりがちですが、これですっきり、すべてつながりました。
貴重な情報ありがとうございます。


先日の緊急集会の様子は、いかが... - 体罰うけてみれば 2013/02/15(Fri) 13:35 No.517
2月5日(火)の緊急集会 子供は体罰を受ける権利がある! について、どこかでニュース記事になっていますか?

取材に行ったかたもけっこういたでしょうに、いまだに、ニュースになっていない気がしますが。

記事にできない内容なんでしょか。


調教 ?? - 体罰うけてみれば 2013/02/15(Fri) 19:09 No.518 ホームページ
2月14日の YOMIURI ONLINE 読売新聞によりますと、
体罰で自殺した生徒さんは、このように教諭に言われたそうです。

  ↓
練習試合での男子生徒のプレーに腹を立てた教諭に、20回近くたたかれた後、「たたかれてやるのは動物園やサーカスで調教されてる動物と一緒や。動物か」と言われた。

(2013年2月14日 読売新聞)


これって、矛盾してません? 教育じゃなくて 調教??


体罰反対派のみなさん - spanko 2013/04/17(Wed) 01:08 No.615
HOTBOTさんがNo.263で述べている案

・制服を廃止する。
・体罰は尻に限定して認める。

はどうでしょうか?
アメリカのように、一定のコントロールの下に体罰を認める代わりに、
制服は全廃するという案はどうでしょうか?

HOTBOTさんが、No.613で述べているように、

> 制服は単に窮屈なだけでなく、差別問題も絡んでるよな。

という事もありますし、そもそも制服は、自由と責任を教える障害にもなります。


Re: 調教 - spanko 2013/04/17(Wed) 22:29 No.616
No.517
> 記事にできない内容なんでしょか。

マスゴミは徹底無視でしょうね、都合の悪いことは..

No.518
> これって、矛盾してません?

全然矛盾してません。
要するに、叩かれなくても出来る人間になれと言っているわけですから..
もちろんそれは、この生徒の能力を超えた要求であり、決して良いことではありませんが、
ただこれを「矛盾」なんて言い出すあなたの頭はどうなっているのかと言いたいね。


Re: 無題 - 体罰うけてみれば 2013/04/18(Thu) 13:49 No.617 ホームページ

> ただこれを「矛盾」なんて言い出すあなたの頭はどうなっているのかと言いたいね。


どうなってるんでしょうね。 


Re: 調教 - 相楽 2013/04/20(Sat) 00:50 No.618 ホームページ
> No.518
> 「たたかれてやるのは動物園やサーカスで調教されてる動物と一緒や。動物か」と言われた。
> これって、矛盾してません? 教育じゃなくて 調教??

> No.616
> 全然矛盾してません。
> 要するに、叩かれなくても出来る人間になれと言っているわけですから..

【叩かれている最中】に言われた言葉の裏を読み取って、「叩かれなくても出来る人間になれ」というメッセージを理解できる人間は非常に少ないと思います。
一定の刺激を与えている時に言われた言葉は、刺激の方に意識が飛んでしまうせいで冷静さを失ってしまい、文字通りにしか受け止められない可能性が高いのです。そのため、この言葉は「暴力」だと感じます。

なので、恐らく自殺した生徒は「体罰による教育」と「言葉の暴力」という、「矛盾」する行為を両方同時に受けてしまった結果、自分は「調教されている」、「人間扱いされない存在なんだ」と自分を追い込んでしまったのではないかと感じます。


叩かなくても - 体罰うけてみれば 2013/04/20(Sat) 10:44 No.619 ホームページ

> No.616
> 全然矛盾してません。
> 要するに、叩かれなくても出来る人間になれと言っているわけですから..


むしろ「 叩かなくても教育ができる 人間(教員)になれ 」 と言いたいですね、私としましては。


今時の 動物トレーニングでも - 体罰うけてみれば 2013/04/20(Sat) 16:22 No.620 ホームページ

体罰しないで、もっと良い方法でトレーニングしてるのではないでしょうか。

「進歩、進歩」と念じるなら、教育スキルについての情報収集力も 進歩しないとね。


Re: 叩かなくても - spanko 2013/04/21(Sun) 22:43 No.621
>叩かなくても教育ができる人間(教員)になれ
>叩かれなくても出来る人間(生徒)になれ

いろいろ考え方はあるけど、どっちにしろ、矛盾じゃないでしょ?
矛盾なんて言い出すから、ハァ?ってことになり、突っ込まれるわけでしょ?


Re2: 調教 - spanko 2013/04/21(Sun) 22:54 No.622
> 自分は「調教されている」、「人間扱いされない存在なんだ」と自分を追い込んでしまったのではないかと感じます。

むしろそう思っているのなら、自殺しないでしょう。
一般社会でも、労働組合的な考え方、つまり「自分は会社にこき使われている」と思っている人は自殺せず、むしろ生真面目に「目標を達成できなかった自分が悪い」と思っている人が自殺します。


いろいろ考え方はある - 体罰うけてみれば 2013/04/22(Mon) 14:28 No.623 ホームページ

いろいろ考え方がある ので、ハァ?と思ったら、どんどん書けばいいですよね(^^)。 


Re: いろいろ考え方はある - 相楽 2013/04/26(Fri) 16:34 No.625 ホームページ
> 自分は「調教されている」、「人間扱いされない存在なんだ」と自分を追い込んでしまったのではないかと感じます。

わたしはこの言葉を「冷静さを失ってしまい、文字通りにしか受け止められない」状態になったせいで、反発せずに受容してしまい、「自罰的な」思考に囚われた結果の言葉だと思って書きました。
追い込まれたルートとしては「人間扱いされない自分が部長をしてはいけない、迷惑がかかる」→「部員として残ることも迷惑」→「生徒として残ることも迷惑」→「人間として生きることも迷惑」→「自殺」を想定しています。

死んだ人の思考を正確に把握できる人は存在しないわけで、わたしも「ハァ?と思ったら、どんどん書けばいい」と思います。
ただし、個別の事例は「体罰全体を考えるための参考資料」以上の使い方をしないよう、注意すべきだとは思います。


Re: 制服 - 相楽 2013/04/28(Sun) 11:31 No.629 ホームページ
> ※ 制服屋の利権が絡んでるのかな? 制服って粗末な造りの割に高いよね。

制服が高価な割に粗末な理由は、1つの学校の生徒しか使わないために年間生産数がごく少ないからでしょう。資本主義的には当然のことです。
最も生産効率がいいのは、戦前の国民服のように全生徒が同じ服を着る(校章やバッジ等の細かいパーツで区別する)ことですけど、今よりさらに「自由と責任を教える障害」となることは容易に想像がつきます。
利権が絡んでいる可能性は…否定出来ないとはわたしも思います。

制服の撤廃については、メリットとデメリットの両方を考えてブレインストーミングするほうがいいと思います。「自由と責任」というシングルイシューで決めるべきではないです。
わたし自身は、現時点では「メリットのほうが大きいとは思うものの、デメリットも無視できない程度には大きいため、一気にではなく段階的に廃止していくのがベター」だと考えています。

例えば、年収400万円未満の世帯が増えてきている状態で、制服を撤廃されると「いじめられない程度に服を何種類も用意できる余裕が無い」というデメリットもあります。これを親の責任にすることは簡単ですし(収入が少ないのに子作りする親が悪い、服を買わない[実際は買えない]親が悪い)、いつも同じ服の生徒が増えるならいじめが起きにくくなると思うかもしれません。しかし、中学1〜2年にいじめを受け、中学3年に自殺者が出てからいじめがピタリと止まった経験から言うと、いじめるターゲットが増えてもいじめを予防する役には立たないです。

体罰ではなくいじめの話になってしまい、申し訳ありません。
しかし、「メリットが大きい小さい」とあいまいなことを言うのは止めて、具体的な話をする必要がある、と思ったので口を出してしまいました。
わたしは【責任を伴わない自由は害悪、でも自由を伴わない責任も害悪】だと思います。
【与える自由と負う責任がちゃんと釣り合っているのか】という視点を持って議論するほうがいいのではないでしょうか。


Re2: 制服 - spanko 2013/04/29(Mon) 14:14 No.631
> 制服が高価な割に粗末な理由は、1つの学校の生徒しか使わないために年間生産数がごく少ないからでしょう。

基本的には、学校間でそんなに大きな違いはないでしょう。
幾通りかのパターンが用意されていて、さらに校章が変わる程度では?
むしろこだわりの少量生産の制服があれば見たいものです。

> 資本主義的には当然のことです。

私は別の意味で、そうだと思いますね、つまり独占しているから、自由競争が働かないから。

> 制服を撤廃されると「いじめられない程度に服を何種類も用意できる余裕が無い」というデメリットもあります。

たしかに女の子の場合は、制服がなくなると、どんな服を着ていくのか、カネがかかるという話は聞いたことがあります。
でもそれが、いじめとどう関係しているのか、例えば服装の自由なアメリカの学校では、いじめが多発しているのか?
それに本気でいじめるつもりなら、服装以外でも、いくらでも口実は見つかると思いますが...


Re3: 制服 - 相楽 2013/04/29(Mon) 17:05 No.632 ホームページ
> メリットとデメリットの両方を考えてブレインストーミングするほうがいいと思います。「自由と責任」というシングルイシューで決めるべきではないです。

大事なことなので二度言いました。何か言うたびに全否定されていては会話が成立しません(今回は当てはまりませんけど)。

> 幾通りかのパターンが用意されていて、さらに校章が変わる程度では?
> むしろこだわりの少量生産の制服があれば見たいものです。

高校のときは、市内(道内か国内かも)共通の詰襟とセーラー服に交渉入りボタンの既成品でした。しかし、中学のときは「なぜこの色にした?と感じる灰色の詰襟とセーラー服」で、札幌市の科学研究発表会に参加したとき、同じ色の制服を着た人はいなかったため、当校オリジナルか既成品の新作だと考えられます。
なお、どちらも公立校です。

> 独占しているから、自由競争が働かないから。

これはわたしも同意。自説と両方の要素があると感じました。
「私立校だとオリジナル率が高いのでは?」と、入試案内のポスターを見て思ったんですけど、満員電車の中で実際の生徒を見て制服の比較ができるほどの審美眼はないので、「もしかしたら私立でも、既成品+αの学校が多いのかも知れない」ですね…調べるほどの余裕はないですけど。

> 本気でいじめるつもりなら、服装以外でも、いくらでも口実は見つかると思いますが...

その通りです。だからこそ「いじめの口実を増やす」ことが、制服廃止の「デメリット」たりうるんです。
いじめる口実の内、自身で解決不可能なものは(体育や他科目の成績は自力解決可能と思います)なるべく減らして、被害者も加害者も増やさないことが望ましいと考えています。


Re4: 制服 - spanko 2013/04/29(Mon) 18:13 No.633
>「いじめの口実を増やす」ことが、制服廃止の「デメリット」

いえいえ、虐めの口実は増やした方が良いんですよ。
虐めている側も、いつどんな理由で、虐められる側にまわるか分からないという不安感があった方が...
逆に、虐めの口実が限定されていたら、例えば貴方がおっしゃるとおり「体育や他科目の成績に限定されている」としたら、安心して虐めるでしょうね...

そもそも、虐めの口実を減らせば虐めはなくなるか?
これに似た例として、イスラムのような、真っ黒い服だけ着ていれば、性犯罪はなくなるのか?
ますます先鋭化するんではないでしょうか?

p.s.虐めなんて世界中にあるんでしょうが、でも妙にネチネチした日本の虐めは、むしろ多様性を認めない制服文化に原因があるのではないかと思います。


Re5: 制服 - 相楽 2013/04/30(Tue) 10:35 No.635 ホームページ
> 虐めている側も、いつどんな理由で、虐められる側にまわるか分からないという不安感があった方が...

一理ありますね。
ただ、最初に虐める側のトップに居座ってしまった人だけは恐怖政治体制を敷けるので、虐められる側に回ることは、ほとんどありません。下克上が起きないように孤立させるのが容易に想像つきますので…
トップは不安感から、虐める側の最下層(怯えからいじめに加担している人々)の締め付けを強くして、最下層の不安要素が増えてしまう…悪い循環に入ってしまいそうで怖いです。

ともあれ、「メリット」「デメリット」両方に1つずつ加える、でいじめ関連は終わらせておきたいです。わたしは「メリットのほうが大きい」という意見には賛同できても、「デメリットがない」という意見には賛同できません。


Re6: 制服 - spanko 2013/05/01(Wed) 06:23 No.636 ホームページ
> 体育や他科目の成績は自力解決可能と思います

これについても、疑問はありますね。 個人の努力でどこまで出来るのか?
家庭環境(塾や家庭教師)の影響もありますし、生まれつきの能力差もある(障害児の場合は特に)。

> わたしは「メリットのほうが大きい」という意見には賛同できても、「デメリットがない」という意見には賛同できません。

デメリットがないとまでは言ってませんが...

で、体罰と制服に関しては、学校単位の選択制にすれば良いのではないかと私は思います。

つまり、制服導入の学校では体罰を禁止する、体罰導入の学校では制服を廃止する。


Re7: 制服 - 相楽 2013/05/01(Wed) 21:25 No.637 ホームページ
> 体育や他科目の成績は自力解決可能と思います

これはわたしの認識不足でした。
障害児であっても、軽度なら障害児向けではない学校に通うことは多いですもんね。かと言って、障害児向けの学校に通うといじめのトップになることも多いと聞きますし…
障害児でなくても越えられない壁はありますよね。
失礼いたしました。

> で、体罰と制服に関しては、学校単位の選択制にすれば良いのではないかと私は思います。
>
> つまり、制服導入の学校では体罰を禁止する、体罰導入の学校では制服を廃止する。

これは【学校にも自主性が求められる】ので、名案だと思います。

余談ですけど。
甲子園に出たこともある札幌南高校は、札幌市の東ブロックでトップ(北海道内でも一二を争うレベル)の進学校ですが…制服がない高校なんです(北海道では私立より公立のほうがレベルが高い)。わたしは別の学校の卒業生なので内部のことはわかりませんけど…自主性あふれる学校だと思っています。
入試の時点で中学時代の成績の高さと試験での高得点が両方必要な学校なので、最初から自主性が高い人が集まりやすいだけかもしれませんが…一例として上げておきます。


無題 投稿者:Berry 投稿日:2013/04/27(Sat) 00:59 No.626   
現代社会において暴力は禁止されております。
体罰と暴力は違うと言うが個人、状況に左右されては曖昧過ぎます。
法律でしっかり定義し、 体罰を行う場合手続きを踏むべきだと思います。

体罰を行う場合の 手続き - 体罰うけてみれば 2013/04/27(Sat) 08:44 No.627 ホームページ

「手続きを踏んで体罰できる」 ことにする場合、「教師がその場で即、生徒に体罰を与えることはできない」、となりそうですね。

・生徒の言動、態度の、何がどのように いつ起こったかを 現場教師が責任者に報告し、

・生徒のその言動を 体罰の対象とするかどうかを、学校責任者が判断し、

・学校責任者の立会の下に 合法的な方法の体罰を学校側が生徒に対して行う、  という感じでしょうか。


そうすると、現場教師は自分ひとりの独断では体罰できない、学校責任者に記録を提出して生徒の言動を報告する義務がある(教師の主観のみでは客観性がないため)、なども必要かな、と思います。



昔は - 体罰うけてみれば 2013/04/27(Sat) 22:56 No.628 ホームページ

現在は 「廊下に生徒を立たせる」ことも、体罰として禁止されているようですね。
でも、廊下に立たせるのは、わたしは良い方法だと思います。

わたしの小・中学校時代は、廊下に短時間立たせる罰がありました。
「廊下に立たせる罰」が長時間にならないよう 一時限(45分)の中で終わるよう、教師が配慮して収めていた、と記憶しています。
( 一時限内で、廊下に立たせた生に教師が「教室に戻って良い」と声をかけていたように思います。)


今は、同じように廊下に立たせようとしても、その指示に生徒が従わないのではないか、とも、思いますが・・・。



Re: 無題 - 体罰うけてみれば 2013/04/29(Mon) 08:23 No.630 ホームページ

わたしは、「廊下に立たせる罰を 懲戒として認めればよい」と思います。( 体罰とは捉えない、ということです。)

ただし、教師の主観と生徒への好き嫌いで 特定の生徒を頻繁に廊下に立たせたり 単なる疎外にならないよう、基準( 立たせる理由、時間限度、回数など )を学校として明確に決めてから実施すべき、と思います。


「体罰」 は、わたしは不要だと思っています。

この掲示板への投稿は、これで最後とさせていただきます。


Re: 無題 - spanko 2013/04/29(Mon) 18:42 No.634 ホームページ
Berry さん

> 法律でしっかり定義し、 体罰を行う場合手続きを踏むべきだと思います。

それを既にやっているのがアメリカです。HPを見てください。↑↑↑

以下に、上記HPより引用

>「停学処分は休みを与えるだけで、勉強も遅れる。体罰なら15分で教室に戻れる」
>「臀部を3回まで」パドルで叩くことが認められているアラバマ州・アレキサンダーシティー学校区では、小学生までは長さ約19センチメートル×幅約9センチメートル×厚さ約0・6センチメートルのものを、中高生には長さ約33センチメートル×幅約13センチメートル×厚さ約1センチメートルのものを使う、などパドルのサイズまで厳密に定めている。

p.s. とはいえ、厚さ約1センチ程度の板がどれほど痛いのか、日本の野球部のケツバットの方がよほど痛いと思うが...
p.s. 肉体的苦痛のみを追求するのは、体罰として邪道であり、むしろ、説教+儀式+軽い痛み、の相乗効果が大事だと思います。


会長の認識について 投稿者:風来人 投稿日:2013/04/24(Wed) 21:40 No.624   
”日本を震駭させた秋葉原の無差別殺傷事件など、このところかつては考えられなかった若者による凄惨な犯罪事件が、あいついで起っている。

日本の戦後教育に重大な欠陥があることを示しているが、学校教育の場で体罰を禁じたことが大きな要因である。 ”

秋葉原連続殺傷の犯人は相当キツい体罰環境の中で教育を受け、更に親や教師の言う通りにかなりの量の勉強やスポーツをこなして来たんですがそれは・・・

誰か助けてください 投稿者:私立中学生 投稿日:2013/04/12(Fri) 21:14 No.606   
突然失礼します

誰か助けてください
私の学校は共学の私立中学校です。
担任の体罰があまりにもひどいです。
女子には手を出さないですけど男子にはひどいです。
胸ぐらつかんで壁に叩きつけたり、大声で怒鳴ってないて謝っても許してくれなくて、首をしめたりして...。
あと、親子会の会長や成績優秀な人には問題を起こしても怒らなかったんです。その代わり、成績が悪くてうまく勉強についていけていない人には普通じゃあり得ないくらい、訳もなく怒ります。
それで私が教頭先生と副校長に訴えたら、その後日かなり酷いしかえしをくらいました。
まず、朝登校してきたら呼び出されて、私は見知らぬ紙を渡されて、そこには担任の悪口が書いてありました。
それを担任は私が書いたと言って急に平手打ちをしてきて、かなり怒鳴られました。
しかし、私はそんな紙を書いた覚えがないのです。
よく考えてみてください。ただでさえ体罰がひどい先生ですよ?
なのに自分から死に行くような真似は普通しないです。
私は必死に否定しましたが、怒鳴って殴る行為をやめず、挙句に精神的にも身体的にもボロボロな私を授業に引っ張りだしました。
担任はずっと教室で私を監視してて、少し頭を下げるだけで怒鳴られました。
親友達は、先生の目を盗んで私をトイレにつれてゆき、必死に慰めてくれました。

これ、本当に学校であっていいんでしょうか?
今は転校して、なんとか学校に通えてる状態ですけど...。
私が転校したあとは、今度は私の親友が体罰を受けてるみたいなんです...。
どうしたらいいんでしょうか...?

Re: 誰か助けてください - 体罰うけてみれば 2013/04/13(Sat) 07:54 No.607 ホームページ

No.602 で 相楽さんが紹介くださっていますが、【体罰被害の収集・告発サイト: 体罰.in】 というサイトがあるようですよ。

そちらにも訴えてみては、いかがでしょうか。


Re: 誰か助けてください - 相楽 2013/04/13(Sat) 22:11 No.609 ホームページ
>体罰うけてみればさん
ご紹介ありがとうございます。

>私立中学生さん
はじめまして。
わたしの書き込みの家アイコンから【体罰被害の収集・告発サイト: 体罰.in】に飛べるようにしています。そのサイトでは、わたしは内容に合わせて、わたしなりに最適と思う対処方法をコメントしています(コメント者の名前は出ませんが)。
字数制限があって上記内容が全部書けない可能性もありますけど、書き込みがあればコメントしますので、参考にしていただければ幸いです。


Re: 誰か助けてください - 関西人 2013/04/15(Mon) 13:52 No.610
罪には罰と言う事です。
社会に出れば当たり前ですよ。


Re: 誰か助けてください - 体罰うけてみれば 2013/04/15(Mon) 16:00 No.611 ホームページ

罪には罰。

暴行罪 ですか?


Re: 誰か助けてください - 相楽 2013/04/15(Mon) 21:11 No.612 ホームページ
「首をしめたりして」⇒殺人未遂、または暴行
「教頭先生と副校長に訴えたら(中略)見知らぬ紙を渡されて、そこには担任の悪口(中略)担任は私が書いたと言って急に平手打ちをしてきて、かなり怒鳴られました」⇒文書偽造、暴行等
この2つは明らかに犯罪です。こんなことをする会社があったら裁判沙汰でしょう。

関西人さん、これを「社会に出れば当たり前」なんて言う感性を身につける前に、あなたがいる会社から逃げ出すことをお勧めしたかったです。今からでも遅くはないですけど。


青柳武彦さん は 投稿者:体罰うけてみれば 投稿日:2013/04/05(Fri) 12:40 No.599 ホームページ   

こちらサイトの主幹研究員 青柳武彦さん、は 

  1958年 東京大学経済学部卒業
  2007年〜現在 国際大学客員教授

のかたでしょうか。 それとも、同姓同名のかたでしょうか。

Re: 青柳武彦さん は - 体罰うけてみれば 2013/04/06(Sat) 11:54 No.603 ホームページ
こちらサイト 「 MENU 体罰を考える 」 の中の、
教育と体罰(主幹研究員 青柳武彦) 要約 第3章 体罰の問題点とその克服

から、引用させていただきます。


「 体罰の悪いところを列挙してみると次の通りである。すなわち、多くの場合、立場の弱い相手に向けられること、本当は教師の感情的な行動であるにもかかわらず、それが「愛の鞭」という美名で隠されることが多いこと、逆効果となる場合が多いこと、子供の人格の尊厳が著しく傷つけられること、相互の信頼と尊敬を基調とする教育の根本理念に反すること、などが挙げられる。中には体罰を受けた子供が自殺をしてしまったりして大事になったこともある。

 これらの問題点はいずれも真実であり、筆者もそれを否定するものではない。体罰は必要な時に、必要な限度で与えるべきものであるが、その実行は容易なものではない。結局は、体罰の効用と体罰の問題点のバランスで考えなくてはならない。体罰を効果的に行うことがどうしても必要であるとなったら、これらの問題点を克服するノウハウを蓄積すべきなのである。」


「 逆説的ではあるが,体罰を容認して初めて体罰の問題点の克服と、その効果的な活用の研究ができるのだ。」


以上、第3章から一部を 引用させていただきました。




「 逆説的ではあるが,体罰を容認して初めて体罰の問題点の克服と、その効果的な活用の研究ができるのだ。」

というより、むしろ、

『 体罰の問題点の克服と、その効果的な活用の研究ができて初めて、体罰を容認できるのだ 』 ではないでしょうか?

効果的な活用の研究は、こちらサイトの「資料室」 に資料を集積・公開し、体罰の会さん主導で 研究を始められたほうが話が早いのではないですか?


Re: 青柳武彦さん は - 相楽 2013/04/12(Fri) 10:05 No.604 ホームページ
>『 体罰の問題点の克服と、その効果的な活用の研究ができて初めて、体罰を容認できるのだ 』 ではないでしょうか?
>効果的な活用の研究は、こちらサイトの「資料室」 に資料を集積・公開し、体罰の会さん主導で 研究を始められたほうが話が早いのではないですか?

同感です。ただし、わたしは「個人の責任で意見を出して、全て載せる」ブレインストーミング的資料集積・公開が必要だと思います。
「資料を公開するために研究(実践)が必要だ=体罰解禁必須」と思っているからこそ、「資料室」に何もない(多分、会としての資料収集すらしておらず、集積・公開が不可能な)状態が続いている、と感じますので。


発起人名簿に 84名 - 体罰うけてみれば 2013/04/12(Fri) 13:43 No.605 ホームページ

体罰の会の発起人名簿に、84名の方の名前が載っています。

各発起人が記名して、「個人の責任で意見を出して、全て載せる」 のが、良いと思います。

発起人である以上、何らかの体罰実践例も 推奨してほしいものです。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -