00440181
体罰の会◇掲示板
[サイトTOPに戻る] [アルバム] [注意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

疑問 投稿者:むー 投稿日:2013/02/25(Mon) 23:08 No.520   
某工業高校の生徒ですが、うちの学校では校則に反した生徒に対して特別指導という措置を取ります。
その特別指導の内容とは、まず頭を坊主にします。そして他の生徒よりも朝早くから登校し、学校の周りを走ります。そして授業が始まると他の生徒達とは別室で1人隔離された部屋で最終下校の時間まで自習をします。そして家に帰ってからも他の友達などと遊ぶのは禁止で、もし遊んでいた事が発覚した場合は特別指導の期間が延期になります。そして学校内でも他の生徒との会話すら許されません。会話もばれたら延期の対象です。
この特別指導方法は少しやりすぎなんじゃないか?と思い意見を伺いたくて掲示板に書きこませていただきました。

Re: 疑問 - 体罰うけてみれば 2013/02/26(Tue) 10:55 No.521 ホームページ

こんにちは。

その内容を、県の教育委員会に そのまま報告してみてはどうでしょうか、県の教育委員会に、相談窓口があると思います。 ( 高校の管轄は、市ではなくて都道府県だと思います )。

「少しやりすぎ」どころか、教育法に違反してるのではないか、と思いますが。 県からの返答が曖昧でしたら、文部科学省に聞いてみると良い と思いますよ。


Re: 疑問 - 殺すことによる教育 2013/02/28(Thu) 15:49 No.524 ホームページ
これはいじめの加害者に対する制裁としては理想的です。
いじめ対策で重要なのは、いかに加害者を被害者から隔離するかです。
それがなかなか制度化されないので、体罰で重傷を負わせて入院させて被害者から隔離しろと当サイトでは主張しているのです。


Re: 疑問 - 体罰うけてみれば 2013/02/28(Thu) 18:00 No.525 ホームページ

〉体罰で重傷を負わせて入院させて被害者から隔離しろと当サイトでは主張している


の 「当サイト」は、体罰の会さんではなくて、あなた様の主張ですよね?


支部の設立をすすめましょう 投稿者:賛同者 投稿日:2013/02/11(Mon) 20:08 No.512   
今の日本には強く誇るべきリーダーが不在です。

近代日本の誇るべきリーダーたちは、成長過程で体罰を
受けるなかで自己の役割を見出してきました。
それは国をリードしていくものとしての帝王学とも言うべきものです。

もちろん、全ての人間がリーダーになれませんが、学業、社会に出て切磋琢磨するなかで、真の指導者が育てられてきました。

その競争のなかで敗れた者にとっても、真に尊敬すべきリーダーの存在が必要です。
強く誇るべき日本の再来の為には、体罰は必要なものであり、
むしろ、体罰を教育に活かせられない教師のほうが問題です。

教育勅語と体罰の復活、復権を強く望んでいます。

過日、この会の素晴らしさを石原慎太郎国士のご活躍から知りました。石原先生も応援されていることでしょう。

この掲示板で戸塚先生の誹謗をされている輩へ

戸塚先生は刑罰を受けましたが、冤罪であると思います。戸塚先生がヨットスクールを通じて発信しておられるメッセージを
この国の司法とマスコミは歪んで伝えました。

生きることは死と隣り合わせ。生きることは常に勝負であり、
敗者は勝者に首をはねられても当然という生き方がわからなければ、我が国日本国に未来はありません。

天皇皇后両陛下の大御心にかなう生き方こそ、体罰の愛であります。

Re: 支部の設立をすすめましょう - みどり 2013/02/12(Tue) 02:07 No.514 ホームページ
体罰がリーダーを育てる、という証拠などはどこにもありません。
そんな実例も聴いたことがありません。
体罰で育ったコーチがセクハラ、パワハラで訴えられた事例ならたくさんありますが。

単なる思い付きで書いても意味はありません。


良いリーダーの条件は人の心を動かす言葉を持っていることです。
それを育てるのは体罰ではなく、言葉による指導です。

強弁によって言うことをきかせようとする人はリーダーとしては失格です。
適切な言葉、人が理解し、納得できる論理を駆使する者が良いリーダーになるのです。


体罰は、大切なことなど何一つ伝えません。
柔道を例に取りましょう。

技術指導は練習前後のミーティングで行うものです。
一瞬で状況が変わる稽古中に、ミスに応じて何かを伝えようとしても遅いのです。

短い時間で大切なことを伝えようとしても怒鳴るしかなくなりますし、選手も聴いている暇などありません。
思い通りにならないから手を出すとしても、
その出した手から得るものなど何も無いのです。
単に選手の反発を生み、練習に集中する環境を壊すだけです。


体罰でどんな人間を育てたいのでしょう?
上司の顔色を見て仕事をする会社員ですか?
人の気持ちを考えない大人ですか?
そういう人々は勝利者からほど遠いことを知るべきです。

英語を敵性語として禁じた日本と、
日本研究に力を注いだ米国のどちらが勝利を得たでしょう?

体罰が蔓延していた日本海軍と、
ミーティングを活用し、コミュニケーションを重視していた米国海軍のどちらが勝利を得たでしょう?


貴方の目的がリーダーを作ること、勝利を目指すことであるならば、
体罰は手段として適切ではありません。


無題 投稿者: 投稿日:2013/02/11(Mon) 20:09 No.513   
科学的に根拠があるように書いてますけどそれは動物の本能の話であって人間には理性がありますよね。
説得力の無い文章ですよ。

僕もただの虐待と教育としての体罰の区別はすべきだと思いますが…

無題 投稿者:FMB 投稿日:2013/02/10(Sun) 15:04 No.509   
私も体罰受けてました。

無題 投稿者: 投稿日:2013/02/10(Sun) 13:28 No.508   
そもそも攻撃すると言う発想を子供の頃の潜在意識からなくそうとするヨーロッパ式に習うか。
攻撃的支配的な韓国、北朝鮮に習うか。
中立策のアメリカ、イギリスに習うか。

体罰の有無で子供の潜在意識は変わると思います。

日本はヨーロッパ式を目指したものの、殴られて育った教師や親に意図がうまく伝わっていない事で失敗してますね。

授業妨害で手がつけられないなら帰らせればいいんです。
子供が暴力を奮ってどうしようもなければ警察を使えばいいんです。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -